小規模水道・小簡易専用水道・簡易専用水道

小規模水道・小簡易専用水道・簡易専用水道に関する事務が県から市へ権限移譲されます

 2013年4月1日から市に移譲されている,水道法が適用される専用水道及び簡易専用水道に係る事務に加え,水道法の適用とならない小規模水道や小簡易専用水道,簡易専用水道についても,「神栖市小規模水道等に関する条例」に基づき,施設の衛生対策等を市が行なうことになりました。
 そのため,2014年4月1日(火曜日)から,小規模水道・小簡易専用水道・簡易専用水道に関する各種申請・届出をするときは,環境課または水道課が窓口となります。 
  様式はこちらの「様式集(小規模水道・小簡易専用水道・簡易専用水道)」ページをご確認ください。


2014年4月から市へ権限移譲される事務(条例に基づく事務)

小規模水道(窓口は、環境課)

  • 布設工事設計の確認・申請などの受理・通知
  • 住所等変更・給水開始・承継・廃止などの届け出の受理
  • 水道施設などの改善の指示
  • 給水停止命令・管理報告の徴収・立入検査など

簡易専用水道(窓口は、水道課)

  • 布設工事前の届け出の受理
  • 住所等変更・承継・廃止の届け出の受理

小簡易専用水道(窓口は、上水道が水源のみの場合は水道課,それ以外は環境課)

  • 布設工事前の届け出の受理
  • 住所等変更・承継・廃止の届け出の受理
  • 給水停止命令・管理報告の徴収・立入検査など

ご注意ください、専用水道に係る事務は,2013年4月1日から市へ権限移譲されています。

関係法令等について

 

用語説明

小規模水道とは

  小規模水道等は,自己水源(井戸水等)を人の飲用水として使用するもので,次のいずれかに該当する水道施設をいいます。
  • 居住者50人以上100人以下に給水するもの
  • 利用者が50人以上の特定の施設(用語説明を後述)に給水するもの
  • 賃貸住宅に給水するもの(利用人数は制限なし、1人以上) 

用語説明、特定の施設とは,共同住宅・事務所・店舗・学校・旅館・病院・社会福祉施設など,市の規則で定めている施設です。
 

簡易専用水道とは

  簡易専用水道は,市の水道だけを使用し,いったん受水槽に貯め,飲用に適する水を給水する施設のうち,受水槽の有効容量が10立法メートルを超える水道施設をいいます。  

小簡易専用水道とは

  小簡易専用水道は,市の水道または小規模水道からの供給水を使用し,いったん受水槽に貯め,飲用に適する水を給水する施設のうち,市の水道水から供給される水を使用する場合は受水槽の有効容量が5立法メートル以上10立法メートル以下,小規模水道から供給される水を使用する場合は受水槽の有効容量が5立法メートル以上の水道施設をいいます。 

専用水道とは

  水源が上水道か地下水かを問わず,水道事業以外の水道であり次のいずれかに該当する水道施設をいいます。
  • 寄宿舎,社宅,療養所などの自家用水道で,101人以上の人の居住に必要な水を供給するもの
  • 他の水道から供給される水を水源とする場合は,給水人口が100人を超え,25ミリメートル以上の口径の導管の全長が1500メートルを超え,かつ,受水槽の容量が100立法メートルを超えるもの
  • 1日20トンを超える給水能力をもつもの

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。