犬、猫の不妊・去勢手術補助金

今年度も犬、猫の不妊・去勢手術の補助を行ないます

  最近、市内で捨てられている子犬や子猫が増えています。犬や猫を捨てるのは、犯罪です。100万以下の罰金が科されます。飼い主の責任として、飼いきれない不幸な命を増やさないように、不妊・去勢手術を受けさせましょう。
  神栖市では不妊・去勢手術の補助金制度があります。手術費の3分の1(限度額10,000円)を補助します。ぜひご利用ください。
ご注意ください、申請できる期間が変更になりました。手術をした日から1年以内に申請をしてください。



対象者

不幸な犬・猫を増やさないために避妊・去勢手術もご検討ください。  次に該当する方が対象です。

  • 手術した日から補助金申請日まで引き続き神栖市民であること。
  • 市税の滞納がないこと。
  • 犬は登録および当年度の狂犬病予防注射済みであること。

 

申請期間

  手術をした日から1年以内に申請をしてください。
ご注意ください。2013年4月1日より,新たに年度が変わっても申請できることになりました。

申請日の具体例

  • 2015年(平成26年度)3月1日手術で,2015年(平成27年度)5月1日に申請
    よって、手術日から1年以内なので、年度が変わっても申請できます。
  • 2015年3月1日手術で,2016年2月1日に申請
    よって、手術日から1年以内なので、申請できます。
  • 2015年3月1日手術で,2016年4月1日に申請
    よって、手術日から1年以上過ぎているため、申請することができません。

申請可能頭数

  同年度内で一世帯につき犬,猫それぞれ1匹までです。

補助金額

補助金額について、手術代(消費税含む)の3分の1を補助します。
ご注意ください。限度額は10,000円です。

申し込み方法

  次の書類等を環境課(神栖市役所本庁1階)までご持参ください。
  • 申請書
  • 手術費の領収書または手術証明書など
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 振込先口座番号のわかるもの(預金通帳など)
    なお、補助金振込先は受付時に記入していただきます。

補助金関係書類のダウンロード

ご注意ください、申請書には犬・猫の生年月日を記入する欄がありますが、捨てられていた犬・猫を拾って飼ったなどにより生年月日が不明の場合でも、補助金の申請は可能です。生年月日の欄には拾った日や、獣医師の見立ての年齢を記入してください。 

補助金交付申請書
手術費用の領収書・例
請求書
委任状

このページに関するアンケート

質問1
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。