市長のあしあと
2016年3月30日」で絞込み

2016年3月30日 災害時等の地下水の供給に関する協定締結(市長のあしあと)

  平成28年3月25日(金曜日)、災害時における支援体制の充実を図るため、エー・ディー・エム・ジャパン株式会社と「災害時等の地下水の供給に関する協定」を締結しました。
  この協定は,災害時にエー・ディー・エム・ジャパン株式会社鹿島工場の所有する貯水槽(60トン)の地下水を、地域住民に飲用水・生活用水として無償で供給するものです。
  調印式には、コリン・ベンソン代表取締役社長をはじめ、会社関係者4名の方々が出席。
  コリン・ベンソン社長は、「市民のために災害への備えを万全にしたいという、保立市長の強い思い入れを感じる。私達も5年前の大震災を教訓に、地元の皆さんに何か協力することができないかとの思いがあった。今後も、あらゆる面で貢献したい。」と語っていました。
  市長は、「東日本大震災では、上水道の全面復旧に約2か月を要した。避難生活に必要な飲料水や生活用水を確保することはとても重要なことであり、このたびの協定締結は市にとって大変心強く、ありがたいこと。」と話していました。

災害時等の地下水の供給に関する協定

  • エー・ディー・エム・ジャパン株式会社

協定書を手にする保立市長とコリン・ベンソン代表取締役社長と皆さんとの記念撮影

協定書を手にする、保立市長(左から二人目)とコリン・ベンソン代表取締役社長(同三人目)

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。