市長のあしあと
2016年12月1日」で絞込み

2016年12月1日 東関東自動車道水戸線等の整備促進に関する要望活動を行ないました(市長のあしあと)

  平成28年11月18日(金曜日)、保立市長は、鹿行地域の首長(原浩道潮来市長、鈴木周也行方市長、鬼沢保平鉾田市長、錦織孝一鹿嶋市長)と共に、東関東自動車道水戸線「潮来IC~(仮)鉾田IC間」の整備促進等について国への要望活動を行いました。
  東京都千代田区の国土交通省及び財務省を訪れ、地元選出の国会議員と共に各省の大臣・副大臣等へ要望書を提出しました。東関東自動車道水戸線については、県内の重要港湾である鹿島港・茨城港及び国際拠点である成田空港・茨城空港へのアクセス向上による国際競争力の強化と、北関東地域及び首都圏地域との連携強化による地域経済の発展に資する道路であることからも、一日も早い開通を強く要望しました。

石井国土交通大臣(中央)に要望書を提出

石井国土交通大臣(中央)に要望書を提出

大塚財務副大臣(左から4人目)に要望書を提出
大塚財務副大臣(左から4人目)に要望書を提出

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。