個人住民税の公的年金からの特別徴収制度

個人住民税の公的年金からの特別徴収制度

公的年金からの特別徴収制度  公的年金を受給されている方で、今まで納付書や口座振替でお支払いただいていた公的年金にかかる個人住民税が、当該年金から天引き(特別徴収)されるようになります。

対象となる方

  次の全てに当てはまる方が対象です。

  • 4月1日現在、65歳以上の公的年金の受給者
  • 前年中の年金所得にかかる個人住民税の納税義務のある方

そのうち、対象とならない方

  ただし、次の方は特別徴収の対象となりません。

  • 老齢基礎年金等の給付額の年額が18万円未満の方
  • 当該市町村が行う介護保険の特別徴収対象被保険者でない方
  • 特別徴収税額が老齢基礎年金等の年額から所得税、介護保険料、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料を控除した残りの額から引ききれない場合

対象となる公的年金 (天引きされる年金)

  老齢基礎年金等 (老齢または退職を支給事由とする老齢等年金給付)

ご注意ください、遺族年金や障害年金は対象になりません。
 

特別徴収義務者 (天引き・納入する者)

  社会保険庁等
 

特別徴収の開始時期

  平成21年(2009年)10月以降に支払われる公的年金等から実施されます。
 

徴収する税額と徴収方法

徴収する税額

  公的年金等のみにかかる所得割額および均等割額

ご注意ください、天引きされるのは、公的年金等のみにかかる所得に対しての税額です。公的年金以外に所得(給与所得・不動産所得など)がある場合は、その所得にかかる税額は天引きされず、別途に個人で納付(普通徴収)または給与天引きで徴収されることになります。

徴収方法

  基本的に年6回(偶数月)、支給される年金から天引き(特別徴収)を行ないます。

新たに特別徴収となる場合
  1. 年度前半(上半期)では、公的年金等にかかる年税額の4分の1ずつを6月・8月に個人で納付(普通徴収)
  2. 年度後半(下半期)では、公的年金等にかかる年税額から普通徴収した額を差し引いた額の3分の1ずつを10月・12月・2月の公的年金支払額から天引き
前年度が特別徴収されていた場合
  1. 上半期(4月・6月・8月)では、仮徴収の平準化により,(前年度の年税額÷2)÷3の額を徴収
  2. 下半期(10月・12月・2月)では、その年の公的年金等にかかる年税額から仮徴収した額を差し引いた額の3分の1ずつを本徴収

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。