障害者優先調達推進法
2017年4月20日

障害者優先調達推進法

  平成25年4月1日から,「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(障害者優先調達推進法)」が施行されました。
  この法律は,国や地方公共団体などが物品等の調達に当たり,障がい者就労施設等から優先的に物品等を調達することにより,障がい者就労施設で就労する障がい者や在宅就業障がい者等の自立の促進を図ることを目的に制定されました。

平成28年度神栖市における障がい者就労施設等からの物品調達方針と実績について

  障がい者の仕事の機会を確保・促進するため、国の障害者優先調達推進法に基づき、当課において「平成28年度神栖市における障がい者就労施設等からの物品調達方針」を作成しました。
  実績の概要については次のとおりです。 

平成29年度神栖市における障がい者就労施設等からの物品調達方針について

  障がい者の仕事の機会を確保・促進するため、国の障害者優先調達推進法に基づき、当課において「平成29年度神栖市における障がい者就労施設等からの物品調達方針」を作成しました。 

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。