地域特産品開発事業補助金
2019年4月19日

神栖市地域特産品開発事業補助金

市の魅力を発信できる商品の開発に補助金を交付します

  神栖市の地域性、特色を生かした、新たな商品の開発事業に対し補助金を交付します。
  お店の看板商品として、観光客のお土産として、神栖市の魅力を発信する新商品の開発を応援します。
  神栖市地域特産品開発事業補助金案内チラシ(PDF 137KB)

補助対象者

  次の要件を満たす個人、法人または団体とする。

  • 市内に住所を有し、事業を継続できると認められる実績があること
  • 市税の滞納がないこと 
  • 過去3年間において特産品の開発や販売促進等に係る、国、県、他公共団体などの他の補助金の交付を受けていないこと

補助対象事業

  補助金の交付対象となる事業は、次のいずれにも該当するものとする。

  • 特産品の開発、または既存の特産品を改良し、新しく商品化する事業
  • 市内で生産または商品化したもの、もしくは市内で生産する原材料を使用し、商品化する事業  
  • 商品、または商品名が市の魅力を発信できるものを商品化する事業

補助対象経費

  • 謝金専門家謝金
  • 旅費専門家旅費
  • 事業費原材料費、機械装置等購入費、印刷製本費、資料購入費、通信運搬費、借損料
  • 委託費コンサルタント費、製造・改良等委託費、デザイン製作委託費、品質検査費、市場調査費
  • その他市長が特に必要と認める経費

補助対象経費の詳細

  • 原材料費試作品の製作や実験等を行なうために必要な材料を購入する経費
  • 機械装置等購入費試作品の製作や実験等を行なうため、特に必要な機械装置、備品、器具工具等を購入する経費
  • 印刷製本費商品のパッケージ、ラベル等を印刷する経費
  • 資料購入費図書、参考文献、資料等を購入する経費
  • 通信運搬費郵便代、運搬代等の経費
  • 借損料試作品の製作や実験等を行なうために必要な機械装置、事務機器、倉庫、敷地等のレンタル料、リース料の経費
  • コンサルタント費事業の発展、向上のためにコンサルタント会社等を活用する経費
  • 製造・改良等委託費試作品の製造・改良もしくは修繕等を委託する経費
  • デザイン製作委託費商品やパッケージ、ラベル等のデザイン製作を委託する経費

補助限度額

  補助対象経費の2分の1以内を補助します。(上限30万円)
 

申請方法

 次の申請様式に必要事項を明記し、企業港湾商工課窓口へ申請してください。
 ご不明な点、ご相談等ありましたら、企業港湾商工課までお問い合わせください。
 

申請様式ダウンロード

申請期間

  4月15日(月曜日)~5月31日(金曜日)まで
 

補助金交付までの流れ

  1. 申請期間内に申請書一式を提出
  2. 申請のあった商品について、審査会を開催する
    ご注意ください申請者には審査委員の前で商品のプレゼンをしていただきます
  3. 審査会が適当と認めた場合、申請者に補助金の交付決定通知を送付する
  4. 申請者は事業が完了したとき、実績報告書を提出する
  5. 実績報告書を受けて、最終的な補助金の交付額を確定し、申請者に通知する
  6. 申請者が請求書を提出する
  7. 補助金の交付

申請先・問い合わせ先

  神栖市役所 企業港湾商工課(商工会館 2階)
  茨城県神栖市溝口4991 
  電話0299-90-1182

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。