社会保障・税番号制度導入スケジュール

社会保障・税番号制度導入スケジュール

  • 2015年10月に、住民票を有する全ての市民に一人1つ12桁の個人番号(マイナンバー)を通知
  • 2016年1月に、個人番号の利用開始,希望者に個人番号カード交付開始
  • 2017年7月に、情報連携,マイナポータルの試行運用開始
  • 2017年秋頃に、情報連携,マイナポータルの本格運用開始

  マイナンバー制度による情報連携は、2017年7月18日(火曜日)から試行運用を開始し、秋頃からは本格運用の開始を予定しています。

情報連携とは
マイナンバー法に基づき、これまで国民・住民の皆様が行政の各種事務手続で提出する必要があった書類を省略することができるよう、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間で情報をやり取りすることです。
ご注意ください、情報連携の本格運用が開始されれば、マイナンバーを用いる事務手続において、これまで提出する必要があった書類(住民票の写し、課税証明書など)が省略できるようになりますが、当面3か月程度を予定している試行運用期間におきましては、従来どおりの書類の提出をお願いいたします。

 

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。