市長のあしあと

2016年2月3日 街頭防犯カメラ設置に関する協定締結(市長のあしあと)

  平成28年1月29日(金曜日)、安全で安心して暮らせるまちづくりを推進するため、鹿嶋警察署と「街頭防犯カメラの設置に関する協定」を締結しました。
  この協定は、設置場所や機種の選定、その他設置に関する相互協力や情報共有などを行い、地域の実情に合った効果的な防犯カメラの設置・運用を可能にするものです。
  調印式には、鹿嶋警察署の和地署長、菊地刑事官、河野生活安全課長が出席。
  和地署長は「防犯カメラを効果的に設置することにより、犯罪の抑止に繋げたい。」と語り、市長は「昨年、市の犯罪発生件数は以前より減ったが、県内でみると、いまだ犯罪率が高い。さらに地域の防犯体制を充実させたい。」と話していました。
 

街頭防犯カメラ設置に関する協定

  • 鹿嶋警察署

協定書を交わした保立市長と和地署長他数名

協定書を交わした 保立市長(中央)と和地署長(中央右)

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。