市長のあしあと

2016年3月17日 神栖市総合防災訓練を実施しました(市長のあしあと)

  平成28年3月13日(日曜日)、「平成27年度 神栖市総合防災訓練」を実施しました。
  東日本大震災から5年、震災で得た教訓や学びをもとに災害に備えるため昨年に引き続き実施するもので、今年は神栖第三中学校を災害対策本部及び訓練会場とし、対象地域を学区内である7地区としました。訓練会場への避難、防災講演会や各種訓練のほか、海上保安署・警察署・消防署などによる、地図を使って災害時の対応や課題を検討する「災害図上訓練」を行ないました。
  市長は「防災対策、津波対策は、継続して進めていく必要がある。市民の皆さんには、防災訓練をきっかけに、「自助」と「共助」の重要性や自主防災組織の必要性を改めて認識していただきたい。今後も、各関係機関との連携を強化して防災体制の充実を図っていきたい。」と話していました。

訓練の様子を見守る保立市長

 

炊き出しを見学

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。