市長のあしあと

2016年9月1日 復興副大臣が液状化対策工事を視察(市長のあしあと)

  平成28年8月26日(金曜日)、長沢広明復興副大臣が来年3月の完了を目指して液状化対策工事が進められている鰐川・堀割地区の工事現場を視察しました。
  現場では、保立市長と市職員が「地下水位低下工法」による工事状況等を説明。
  保立市長から長沢副大臣に対して「脆弱な地盤での工事なので、どうしても民有地側の建物等に影響が出てしまう。原状回復のための復旧費についても国の支援をお願いしたい。」と要望。
  視察を終えた長沢副大臣は「液状化対策の課題などを再認識した。復興に係る地域のニーズは多様化しており、できる限り細かく丁寧に応えていきたい。」と語っていました。

全員ヘルメットをかぶり、長沢復興副大臣へボードを使って説明している様子

説明を聞く長沢復興副大臣(右から2人目)

歩きながら長沢復興副大臣に説明する保立市長と関係者一同
長沢復興副大臣に説明する保立市長

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。