平成28年度まちづくり研究成果報告

大学との連携によるまちづくり研究報告会を開催しました

  市では,将来のまちづくりの課題について,専門的,技術的な見地も取り入れながら,施策を立案,実行していくため,震災復興に係る連携協定を締結した筑波大学の協力により,「筑波大学との連携によるまちづくり推進事業」を創設し,復旧,復興後の市の将来像を見据えたまちづくりを進めております。  平成28年度は,2つの研究テーマを筑波大学に委託して,調査,研究を実施し,その研究成果の報告会を2017年4月22日(土曜日)に神栖市保健・福祉会館で行いました。
  また,昨年に引き続き,千葉科学大学も調査研究の成果を発表しました。

たくさんの参加者を前に研究結果を報告している様子

研究報告会の様子

研究成果報告書

平成28年度大学との連携によるまちづくり研究報告会

報告会チラシ画像およびダウンロード
大学との連携によるまちづくり調査研究報告会チラシ(PDF 601KB)
PDFファイルダウンロード

 

  市では,将来のまちづくりの課題について,専門的・技術的な見地も取り入れながら,施策を立案・実行していくため,震災復興に係る連携協定を締結した筑波大学の協力により,「筑波大学との連携によるまちづくり推進事業」を創設し,復旧・復興後の市の将来像を見据えたまちづくりを進めております。
  平成28年度は,2つの研究テーマを筑波大学に委託して,調査・研究を実施しました。その研究報告会を次のとおり開催いたします。また,昨年度に引き続き,千葉科学大学も調査研究の成果を発表いたします。ぜひご参加ください。

報告会概要

開催日時

  2017年4月22日(土曜日)午後1時30分~3時30分
 

会場

  神栖市保健・福祉会館 2階 研修室  
  茨城県神栖市溝口1746-1 施設地図情報(保健・福祉会館)

入場料

  入場無料です。

テーマ

  1. 神栖イメージアップ情報発信大戦略
    1,000人の「カミスココ・アンバサダー」運営支援とその成果の検証
    講師田村 憲司 氏(筑波大学生命環境系教授)
  2. 安全な街 神栖
    ~市民が守る市民の命/救急教育強化プロジェクト~
    講師髙橋 伸ニ 氏(筑波大学医学医療系准教授)
  3. 神栖市の自然環境総合調査
    講師糟谷 大河 氏(千葉科学大学危機管理学部講師)

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。