市長のあしあと

2017年2月16日 「花と緑の会」と神栖市が“手づくり郷土賞”を受賞!(市長のあしあと)

  国土交通大臣表彰である「手づくり郷土(ふるさと)賞一般部門」に、当市の地域ボランティア「花と緑の会」と神栖市が選ばれ、認定証授与式が2017年2月8日(水曜日)、神栖市役所で行われました。
  「手づくり郷土(ふるさと)賞」は、優れた地域活動を発掘、表彰するとともに広く紹介し、個性的で魅力ある郷土づくりが各地で推進されることを目指すものです。
  「花と緑の会(田中三郎会長)」は2008年に発足。不法投棄が絶えなかった須田地区の建設残土置き場を、市とともに整備して「夢のひろば須田」と名付け、地元のこども達やPTA、行政区等と協力しながら、除草や花の植栽など維持管理を行っています。広場で飼育しているヤギも人気で、地域住民の憩いの場として親しまれているほか、こども達の校外学習・自然観察の場としても利用されています。
  国土交通省主催の授与式には、「花と緑の会」の皆さんとともに、保立市長も出席。
  田中会長は「荒れた土地だったが、行政や多くの人と協力しながら整備してきた。維持管理は大変だが、花と緑が増えて沢山の楽しみもある。地元地域の触れ合いの場として、広場をさらに発展させていきたい。」と語り、市長は「こうした地域づくりの活動が高い評価をいただいたことは大変嬉しく、市にとっても大きな財産となる。今後も、市民の皆さんとともに、魅力あるまちづくりを進めていきたい。」と話していました。

受賞案件

  不法投棄されていた土地を地元の手で憩いの場に!夢のひろばづくり
 

受賞団体

  • 花と緑の会
  • 神栖市

認定証と記念品を手に、皆さんと記念撮影


このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。