神栖市医師及び看護師修学資金貸与制度

神栖市医師及び看護師修学資金貸与制度のご案内【平成31年度】

将来、神栖市内で医師・看護師として働くことを目指す学生を応援!

  神栖市では、将来、市内にある医療機関の医師または看護師として働こうとする大学生、大学院生、看護学生を対象に修学のための資金を貸与します。
  資金貸与後、市内医療機関で一定期間勤務することによって資金の返還が免除されます。

当制度は、市内医療機関への雇用を保証するものではありません。あらかじめ、ご了承ください。

募集要領

  神栖市医師及び看護師修学資金修学生募集要領(平成31年度)(PDF 115KB)
 

対象者

他の修学資金などを受けている方、受ける見込みのある方は対象者となりません。
大学生および大学院生
  • 学校教育法に規定する大学・大学院の医学を履習する課程に在学する方
  • 将来医師として市内の病院および診療所で勤める意志のある方

住所要件については、お問い合わせ先(地域医療推進課 電話0299-77-8207)までご連絡ください。

看護学生
  • 保健師助産師看護師法に規定する看護師を養成する学校および養成所に在学する方
  • 神栖市に1年以上住んでいる方の子や兄弟姉妹
  • 将来看護師として市内の病院で勤める意志のある方

貸与額

大学生および大学院生
  • 入学一時金120万円
  • 月額20万円
看護学生
  • 入学一時金60万円
  • 月額5万円

貸与期間

  貸与決定の月から大学、大学院、看護学校を卒業する月まで。
正規の修学期間内に限ります。

返還の免除について

入学一時金の貸与を受けた場合は次の内容に1年加算します。
大学生および大学院生

  大学または大学院を卒業後、2年以内に医師の免許を取得し、臨床研修または後期研修を終了した後、市内にある病院および診療所に従事し、その勤務期間が貸与期間に相当する期間に達したとき。

看護学生

  看護師学校を卒業後、1年以内に看護師の免許を取得し、直ちに市内病院において看護師として勤務し、その勤務期間が貸与期間に相当する期間に達したとき。

審査

  書類審査および面接により決定します。

申し込み期間

  • 看護師:2019年3月1日(金曜日)~4月12日(金曜日)まで
  • 医師:随時、お申し込み受付中

申し込み方法

  申し込み先に次の必要書類を提出してください。
  詳細については神栖市医師及び看護師修学資金修学生募集要領(平成31年度)(PDF 115KB)をご参照ください。

必要書類およびダウンロード
申請書記入時の注意事項
申請書記入時に、2名の連帯保証人が必要です。

  独立の生計を営み、利息を含めた修学資金の返還の責任を負うことができる資力を有する者とします。
  申請者が未成年の場合は、前述の連帯保証人のうち1人は、法定代理人とします。

必要書類の記入例について

  修学資金貸与申請書など様式1~3号の記入例(PDF 155KB)

提出方法

  • 郵送申し込み期間内に必着でお願いします。
  • 直接持参提出期間の午前8時30分から午後5時15分まで受け付けます。
    土曜日、日曜日および祝日を除きます。

申し込み先・問い合わせ先

  〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1
  神栖市役所 健康福祉部 地域医療推進課
  電話0299-77-8207
  電子メールiryo@city.kamisu.ibaraki.jp

条例・規則について

  当制度は「神栖市医師及び看護師修学資金貸与条例」によります。条例については次をご参考ください。
  神栖市医師及び看護師修学資金貸与条例(PDF 140KB)

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。