事務(大学卒程度・身体障がい者(大学卒程度))、土木又は建築履修者(大学卒)

平成29年度神栖市職員採用(第1回)「事務(大学卒程度・身体障がい者(大学卒程度))、土木又は建築履修者(大学卒)」試験案内

神栖市職員の採用試験について

  神栖市職員の採用試験を次のとおり行います。
募集受付期間 平成29年5月15日(月曜日)から6月14日(水曜日)まで
第1次試験日 平成29年7月23日(日曜日)
時間は、午前9時受付開始、午前10時試験開始
第1次試験会場 神栖市保健・福祉会館(神栖市溝口1746-1)予定

試験案内、申込書、エントリーシート

  希望職種ごとの試験案内で詳細を確認してください。   申込書様式およびエントリーシートは,ダウンロードして入手することが可能です。
 
ご注意ください、なお、申込書様式は必ず両面印刷して作成し,「申込書」および「エントリーシート」は,ボールペン(消せるボールペンは不可)または万年筆を用い,必ず自筆で記入して申し込んでください。(自筆のみとするため,ファイルはPDFのみ掲示しています。)

記入例

  「記入例」事務(大学卒程度)を参考に正確に記入してください。

事務(大学卒程度)

事務(身体障がい者(大学卒程度))

土木又は建築専門科目履修者(大学卒)

目次

1 職種,採用予定人員,勤務場所及び職務

募集職種および採用予定人員

  • 事務(大学卒程度)20名程度
  • 事務(身体障がい者(大学卒程度))1名程度
  • 土木又は建築専門科目履修者(大学卒)2名程度

勤務場所及び職務

事務(大学卒程度,身体障がい者(大学卒程度))

  市長部局,教育委員会等の各課又は公の施設で,主に一般行政事務に従事します。 

土木又は建築専門科目履修者(大学卒)

  市長部局,教育委員会等の各課又は公の施設で,主に土木または建築工事における施工計画の作成や,工事施工に必要な技術上の管理等の業務に従事し,一般行政事務も行います。
 

2 受験資格

  (1)の資格を有し,(2)の欠格事項のいずれにも該当しない人

(1) 資格

事務(大学卒程度)

  次の(1)又は(2)のいずれかに該当する人。

  • (1) 昭和62年4月2日から平成8年4月1日までに生まれた人
  • (2) 平成8年4月2日以降に生まれた人で,学校教育法による大学(短期大学を除く)以上を卒業した人,または平成30年3月31日までに卒業見込みの人
事務(身体障がい者(大学卒程度))
  自力により通勤ができ,かつ介護者なしに事務職員として職務の遂行が可能な人で,次の(ア)から(エ)までのすべてを満たす人
  • (ア)  次の(1)又は(2)のいずれかに該当する人
    • (1)  昭和62年4月2日から平成8年4月1日までに生まれた人
    • (2)  平成8年4月2日以降に生まれた人で,学校教育法による大学(短期大学を除く)以上を卒業した人,または平成30年3月31月までに卒業見込みの人
  • (イ) 身体障害者福祉法第15条に定める身体障害者手帳(1級から6級)の交付を受けている人
  • (ウ) 通常の勤務時間(原則として週38時間45分,1日7時間45分)に対応できる人
  • (エ) 活字印刷文による出題に対応できる人  
土木又は建築専門科目履修者(大学卒)
  昭和62年4月2日以降に生まれた人で,学校教育法による大学(短期大学を除く)以上を卒業した人で土木技術または建築技術の専門科目を履修した人(平成30年3月31日までに卒業見込みの人を含む)。
 ご注意ください、前述の履修した専門科目等の詳細が確認できなかった場合など申込書の記載事項等に虚偽があった場合には,受験資格がなかったものとして遡及して合格を取り消します。
 

 (2) 欠格事項

  • ア  日本の国籍を有しない人
  • イ  成年被後見人又は被保佐人
    備考として、民法の一部を改正する法律(平成11年法律149号)附則第3条第3項の規定により,従前の例によることとされるものを含む。
  • ウ  禁こ以上の刑に処せられ,その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
  • エ  神栖市職員として懲戒免職の処分を受け,当該処分の日から2年を経過していない人
  • オ  日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し,又はこれに加入した人

3 試験の方法

  試験は第1次試験,第2次試験,最終試験及び資格調査とし,第2次試験は第1次試験の合格者に対して行い,最終試験は第2次試験の合格者に対して行います。
ご注意ください、第2次試験は事務(身体障がい者)職種を除きます。)

第1次試験

教養試験 (小論文を含む)
大学卒程度(該当職種事務,事務(身体障がい者))及び大学卒(土木又は建築履修者)
  公務員として必要な一般知識, 知能について大学で履修(社会科学,人文科学,自然科学,判断推理,文章理解(英語を含む。),数的推理,資料解釈)した程度の問題について,択一式による筆記試験を行います。
  小論文は主として一般常識・文章表現力等について試験を行います。
受験する際はご注意ください
  • 第1次試験の選考は教養試験のみで行い,小論文試験の結果については,第2次試験以降の選考の参考にします。
  • 事務(身体障がい者(大学卒程度))の職種は,小論文試験終了後,一般性格診断検査(20分程度)を実施します。この検査の結果については,最終試験の選考の参考にします。

第2次試験 (試験内容は変更になる場合があります)

ご注意ください、事務(身体障がい者)職種を除きます。

集団討論
  一定のテーマで,複数の人と話す能力について評定を行います。

ご留意ください、集団討論試験終了後,一般性格診断検査(20分程度)を実施します。この検査の結果については,最終試験の選考の参考にします。

最終試験 (試験内容は変更になる場合があります)

面接試験

  個別面接により,主として人物について評定を行います。

事務(身体障がい者(大学卒程度))職種を除き,次の試験も行います

  一定のテーマで,論理的に話す能力について評定を行います。

身体検査
  職務遂行に必要な健康を有するかどうかについて,検査を行います。

資格調査

  受験資格の有無等について,調査します。

ご注意ください、各試験または検査を棄権した場合は不合格とします。
 

4 試験日及び試験場

第1次試験(全職種共通)

試験日時

  平成29年7月23日(日曜日)

  • 受付開始午前9時
  • 説明開始午前9時40分
  • 試験開始午前10時
試験場
  神栖市保健・福祉会館  ご注意ください、変更する場合があります。
  茨城県神栖市溝口1746-1  保健・福祉会館の施設地図情報のリンク

  保健・福祉会館の駐車場および入り口案内(PDF 289KB)PDFファイルダウンロード  
 

第2次試験(ご注意ください、事務(身体障がい者(大学卒程度))職種を除く)

試験日時
  平成29年8月27日(日曜日)ご注意ください、変更する場合があります。
試験場
  第1次試験合格者に通知します。

最終試験

試験日時
事務(身体障がい者(大学卒程度))職種のみ
  平成29年9月23日(土曜日)ご注意ください、変更の場合があります。
事務(大学卒程度),土木又は建築履修者(大学卒)
  平成29年9月23日(土曜日)および9月24日(日曜日)ご注意ください、変更の場合があります。

試験場
  第1次,第2次試験合格者に通知します。
 

5 合格者の発表

ご留意ください、市役所前掲示板および市ホームページに合格者の受験番号を掲示公開するほか,全員に合否の結果を通知します。

第1次試験合格発表

  8月上旬頃

第2次試験合格発表

  9月上旬頃

最終合格者発表

  10月中旬頃

6 合格から採用までの経路

  合格者は,職種ごとに採用候補者名簿(有効期間1年)に登載され,採用者が決定されます。採用の時期は,原則として平成30年4月1日以降になります。
  ただし,資格の取得見込みで受験し合格した者が,「2 受験資格」で規定された資格を所定の期間内に取得できなかった場合には,採用候補者名簿から削除され,採用資格を失います。
  なお,採用候補者名簿登載者以外に,辞退等を考慮して「補欠合格者」を決定することがあります。「補欠合格者」は,平成30年3月31日までを有効期限とする補欠合格者名簿に登載されますが,必ず採用になるとは限りません。

7 試験結果の開示について

  開示請求は受験者本人のみとし,開示を希望する場合には,受験者本人が職員課(神栖市役所 本庁3階)へ直接おいでください。
ご注意ください。電話,ハガキ等による開示の請求はできません。
 

試験結果の開示を請求できる人

  • 第1次試験では、不合格者
  • 第2次試験では、不合格者
  • 最終試験では、受験者
開示内容
  総合得点及び順位
開示の期間
  合格発表の日から2週間(土曜日、日曜日および休日を除きます。)
開示の場所
  神栖市役所 本庁3階 職員課
  

8 給与

  給与は,職員の給与に関する条例,規則に基づき支給されますが,例えば学校卒業直後に採用された場合は,次のとおりです。
 

給料月額(基本給+地域手当)

  • 大学卒195,888円
  • 短大卒171,402円
  • 高校卒159,530円
ご注意ください
  • このほか,期末手当,勤勉手当,また扶養手当,住居手当,通勤手当,時間外勤務手当等が該当者に支給されます。
  • 初任給の決定については,職種により異なりますが,学歴,職歴を加味する場合があります。
  • 前述の内容は,平成29年4月現在のもので,今後の給与改定等により,額が変動する場合や支給される手当が変更になる場合があります。 

9 受験手続き及び受付期間

申込書等の請求

  申込書一式は,こちらの「平成29年度神栖市職員採用(第1回)「事務(大学卒程度・身体障がい者)、土木又は建築履修者」試験案内等掲載しました」からダウンロードしてください。
  または,職員課(神栖市役所 本庁3階)で配付しています。

郵便で請求する場合
  封筒の表に(職員採用試験申込書請求)と朱書し,同封の書面には必ず次のことを記載すること。また、120円分の切手を必ず同封してください。
  • 受験を希望する職種
    • 事務(大学卒程度)
    • 事務(身体障がい者(大学卒程度))
    • 土木又は建築専門科目履修者
  • 氏名
  • 返信先
  • 連絡先(電話番号)

申込受付期間および提出方法

  平成29年5月15日(月曜日)~6月14日(水曜日)まで

直接提出する場合
  月曜日~金曜日(休日を除く)の午前8時30分~午後5時までの間に、職員課(神栖市役所 本庁3階)へ持参してください。
郵送提出する場合
  封筒の表に「受験申込」と朱書し,「簡易書留」など確実な方法でお送りください。
次のことをご注意ください
  • 6月14日(水曜日)の午後5時までに市役所職員課へ到着したものに限り受け付けます。
  • インターネットによる申し込みはできません。
  • 提出された書類は返却いたしません。

提出書類等

ご注意ください、次の提出物は,ボールペン(消せるボールペンは不可)または万年筆を用い,必ず自筆で記入してください。
  • 申込書 1部
    備考として、所定の申込書を使用し,写真を2枚必ず貼付してください。
  • エントリーシート 1部
    備考として、(1)と(2)の2枚のシートを提出してください。
  • 返信用はがき(62円分) 1枚
    備考として、試験会場の最終確認用です,はがきの表に自身の返信先を記載して提出してください。 
  • 受験料は不要です。
  • ご注意ください、郵便申し込みの場合は,受験票返信のため,392円分の切手(簡易書留代金を含む。)を必ず同封してください。

申込書の請求先および受験申込書の送付先

  〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991番地5
  神栖市役所 総務部 職員課 宛

10 その他

  • 申し込みを受理した受験申込者には,受験票を交付します。
  • 申し込みの際には,受験票に最近3か月以内に撮影した上半身,脱帽,正面向き縦4センチメートル,横3センチメートルの写真2枚(裏面に「氏名」を記載)を貼ってください。
  • 写真の貼付がない場合は受付できません。
  • 職員採用試験は,神栖市民の貴重な税金を使って実施します。試験を申し込まれる方は,必ず受験されるようお願いします。

関連リンク

  地方公共団体情報システム機構 地方公務員採用試験案内外部リンク

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。