市長のあしあと

2017年6月5日 LNG火力発電所所在市町村連絡協議会災害時相互応援協定の締結(市長のあしあと)

  平成29年5月25日(木曜日),神栖市は、防災対策の充実を図るため,液化天然ガス(LNG)火力発電所の立地自治体で構成される「全国LNG火力発電所所在市町村連絡協議会」において「災害時相互応援協定」を締結しました。
  この協定は,食料や生活必需品等の物資提供や、医療等の資機材の提供及び職員の派遣、被災者の一時受入れ施設の提供及びあっせんなど,防災の分野で相互支援を行うものです。
  協定締結式には,保立市長をはじめ構成市町村の首長が出席。
  保立市長は,「連携を強化することで,市民の安全・安心につながっていく。」と話していました。

保立市長をはじめ構成市町村の首長の記念撮影

構成市町村(写真左から)

  次の10団体で構成されています。

  • 香川県 坂出市
  • 茨城県 神栖市
  • 新潟県 上越市
  • 新潟県 聖籠町
  • 新潟県 新潟市
  • 千葉県 袖ヶ浦市
  • 愛知県 知多市
  • 三重県 川越町
  • 宮城県 七ヶ浜町(欠席)
  • 沖縄県 中城村(欠席)

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。