平成29年第4回定例会
2017年12月19日
  平成29年第4回市議会定例会の開会にあたり、提出いたしました議案の説明に先立ち、主要施策等の経過についてご報告申し上げます。

市役所分庁舎の開庁について

  はじめに,市役所分庁舎の開庁についてであります。

  平成27年に実施した本庁舎および波崎総合支所の耐震診断の結果,耐震強度が不足していたことから,本庁舎の耐震改修工事期間中における事務スペースの確保と,教育委員会の移転先,および庁舎周辺に分散している事務所の集約を目的として整備してまいりました市役所分庁舎が,11月6日に開庁いたしました。1階には教育委員会,2階には都市整備部と監査委員事務局を配置いたしました。

  今後も市民の皆さまに親しまれ利用しやすい市役所を目指し,質の高いサービスの提供と利便性の向上に努めてまいります。

認知症カフェについて

  次に,認知症カフェについてであります。

  認知症の方やその家族に交流の場を提供し,介護者の精神的,身体的な負担軽減を図ることを目的として,11月16日に認知症カフェを神栖市保健・福祉会館で開催し,約30名が参加されました。

  会場では家族介護者の会等ボランティアの方から,日頃の悩みや介護の経験談を交え,情報交換するなど,参加者間で和やかに交流されておりました。

  今後も定期的な開催に向けてボランティアと連携し,認知症の方や介護者の支援に取り組んでまいります。

骨髄ドナーの登録および提供の推進について

  次に,骨髄ドナー登録および提供の推進であります。

  白血病などの血液疾患で苦しんでいる方を救うための骨髄ドナー登録および提供の推進に取り組む中,本年度から,骨髄提供をされる方の経済的な負担軽減を図るために,骨髄ドナーやその方が勤務する事業所等に助成する制度を開始したところ,8月にドナーとその方を雇用する事業者から,また9月には,二人目のドナーから申請がありました。

  今後も,更なる骨髄ドナー登録の理解を深め,骨髄移植の普及推進を図ってまいります。

上虞区(じょうぐく)代表の訪問について

  次に上虞区代表の訪問についてであります。

  去る9月25日,市と友好都市関係を締結している中国浙江省紹興市上虞区(せっこうしょう しょうこうし じょうぐく)より,4名の代表団が当市を訪問されました。

  上虞区とは,平成21年に当時の上虞市と友好都市協定を結び,今年で9年目を迎えております。

  訪問団は,港公園や神栖中央公園を視察し,約半日の滞在と短い時間ではありましたが,東日本大震災から復興した当市を見学されました。

  今後も,姉妹都市であるユーリカ市とともに,さらなる交流を図ってまいります。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。