認定申請に必要な書類(先端設備等導入計画)
2019年2月1日

「先端設備等導入計画」の認定申請に必要な書類

  次の認定申請書および添付書類に必要事項を記載して、商工観光課窓口(神栖市商工会館 2階)まで提出してください。
  また、計画の策定に当たっては、先端設備等導入計画策定の手引きをご参照ください。
(参考)先端設備等導入計画策定の手引き(PDF 1,294KB)

太陽光発電設備導入に係る先端設備等導入計画の認定申請をする際には、環境課との事前協議の終結を受付の条件としておりますので、ご注意ください。

申請時に必要な書類

 リース契約の場合は次の書類もあわせて提出してください。

  • リース契約見積書の写し
  • 公益社団法人リース事業協会が確認した固定資産税軽減額計算書の写し

固定資産税の特例措置を受ける場合に必要な書類

  固定資産税の特例措置を受ける場合は、次の書類もあわせて提出する必要があります。

申請時に入手している場合

  •  工業会証明書の写し

(参考)工業会等による証明書について(中小企業等経営強化法の経営力向上設備等及び生産性向上特別措置法の先端設備等に係る生産性向上要件証明書)外部リンク

申請時に入手していない場合【固定資産税の賦課期日(1月1日)までに追加提出】

ご注意ください変更認定申請時には,誓約書の様式が異なりますのでご注意ください。

変更申請する場合に必要な書類(2019年2月更新)

 先端設備等導入計画を変更(設備の変更および追加取得等)する場合は,次の書類を提出し,あらかじめ変更手続きが必要になります。

ご注意ください変更認定申請書については、認定を受けた先端設備等導入計画を修正する形で作成してください。変更・追記部分については,変更点がわかりやすいよう下線を引いてください。

税制措置の対象となる設備を含む場合

  固定資産税の特例措置を受ける場合には,次の書類もあわせて提出する必要があります。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。