事前キャンプに関する基本合意書

チュニジアオリンピック委員会と事前キャンプに関する基本合意書を締結しました

  チュニジアオリンピック委員会と東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の事前キャンプについて、2018年11月30日(金曜日)にチュニジア共和国大使館(東京都千代田区)にて基本合意書を締結しました。
  基本合意書の締結に際し、チュニジアオリンピック委員会から、1968年メキシコシティオリンピックの陸上競技において、モハメッド・ガムディ氏が獲得したチュニジア共和国初の金メダルのレプリカが寄贈されました。
  また、当市からは、日本一の生産量を誇る将棋盤と駒のセットを贈呈しました。

締結式の様子


基本合意書への記名の様子


左から、チュニジアオリンピック委員会会長メレズ・ブサイエーヌ氏、駐日チュニジア大使モハメッド・エルーミ氏、1968年メキシコ・シティオリンピックメダリスト モハメッド・ガムディ氏、石田進神栖市長


チュニジアオリンピック委員会より記念のメダルを寄贈される様子


チュニジアオリンピック委員会へ将棋盤を贈呈する様子

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。