市民憲章,市の花・木・鳥

市民憲章

~未来につなげ~ 神栖市民憲章

水と緑につつまれた豊かな自然
歴史ある文化や伝統
鹿島港を中心とした近代産業
私たち神栖市民は、この恵まれた郷土に誇りと責任を持ち、さらなる発展を願い、心豊かで明るく活力あるまちを創造することを誓い、ここに市民憲章を定めます。
  • 守ろう豊かな自然と住みよい環境
  • 広げよう 思いやりと助け合い
  • めざそう 活力あるまちづくり
  • 奏(かな)でよう 心のかよう市民の輪
  • 築こう 伝統文化と国際交流

市民憲章の解説

全体

  市民憲章は、市民一人ひとりが愛着もち、心のよりどころとなることを基本に、「だれもが理解でき、心地よく耳に伝わってくるもの」としています。
  前文は、神栖市の特徴を盛り込み、市民が郷土に誇りをもち、目標とする理想的なまちづくりを表現しています。
  本文は、自主的行動の規範として、市民一人ひとりが日常的かつ継続的に心がけるまちづくりを表現し、だれもが唱和しやすく、親しみやすく市民生活の中に溶け込めるものとしました。

表題

~未来につなげ~  神栖市民憲章

  次代を担う子どもたちにも、未来に向って大きな夢を抱いてもらおうと、「~未来につなげ~」を神栖市民憲章の前におき、これからも先に進んでいくという躍動を感じさせ、口ずさみやすく、印象を与えるものとしました。

前文

  平成17年に神栖町と波崎町が合併し、わたしたちのまち「神栖市」が誕生しました。神栖市は、白砂青松の鹿島灘、悠々と流れる利根川、野鳥の集う神之池と豊かな自然に恵まれたまちで、温暖な気候は人々の生活に潤いを与えています。古来より農業と漁業の盛んな土地は、鹿島開発により鹿島港を中心に日本有数の工業都市へと発展しました。多くの先人たちが築いてきた文化と伝統を継承し、近代産業の礎を築いてきたことに誇りと責任を持ち、郷土を大切にしていかなければなりません。
  そして、市民一人ひとりが心豊かで明るい活力あるまちをつくるため、市民憲章を定めます。

本文

 守ろう 豊かな自然と住みよい環境

  神栖市は、水と緑につつまれた自然に恵まれています。いつまでもふるさとを愛し、住みよい環境づくりに努め、この豊かな自然環境を守るとともに、今よりもっとすばらしい恵まれた環境を後世に継承し、美しいまちにします。

 広げよう 思いやりと助け合い

  市民一人ひとりが思いやりと助け合いの心を持ち、誰もが健康で明るく笑顔でふれ合い、心豊かな暮らしをつくり、ぬくもりの広がるまちにします。

 めざそう 活力あるまちづくり

  人と自然と産業が調和しながら、共に働き共に生き、社会に貢献することに喜びと誇りを持ち、快適な住みよい都市基盤を整備し、豊かで活力ある産業を育て、活気あるまちにします。

奏(かな)でよう 心のかよう市民の輪

  地域のことは地域で考えていくことを基本に、市民一人ひとりが協働の意識を持って市民活動に参画し、ふれ合いの輪を奏でるまちにします。

 築こう 伝統文化と国際交流

  先人から受け継いだ貴重な遺産や文化を後世に伝えながら、市民の手による新たな文化の創出と教養を高めます。また外国との異なる言葉や文化を学び、互いを理解し、協力し合う国際交流を築き、魅力と個性あふれるまちにします。

市の花・木・鳥

市の花 センリョウ、市の木マキ、市の鳥ウグイス


センリョウのイラスト
 マキのイラスト ウグイスのイラスト 


市の花・木・鳥の解説

市の花  センリョウ(千両)

分類
  • 科名は、センリョウ科
  • 属名は、センリョウ属
  • 性状は、常緑小低木
特長

  センリョウは、その実が赤く、つやつやと輝いてとても美しい植物です。神栖市の気候風土はその栽培に適しており、国内最大の産地として、市の特産物にもなっています。正月の縁起物、飾り花として楽しまれています。

市の木  マキ(槇)

分類
  • 科名は、マキ科
  • 属名は、マキ属
  • 性状は、常緑針葉高木
特長

  マキは、市内全域に多く生育する常緑樹で、古くから生け垣として多く利用され、また庭木として愛用されています。市の風土に適し、古くから人々に親しまれ てきた樹木で、威厳と風格があり、四季を通して緑を楽しむことができます。分布する地域としてはこの地域が北限となります。

市の鳥  ウグイス(鶯)

分類
  • 科名は、ウグイス科
  • 属名は、ウグイス属
  • は、ウグイス
特長

  ウグイスは、美しい声でさえずり、春を告げる鳥として市内全域に棲息(せいそく)しています。ホーは吸う息、ホケキョは吐く息で、胸をいっぱいふくらませてさえずります。昔から人々に身近で親しまれ、その印象的な鳴き声で、人々の心を和ませてくれます。

制定までの経緯

  市民憲章及び「市の花」「市の木」「市の鳥」制定にあたっては、市民15名からなる市民憲章等制定委員会で活発な議論を重ね、その原案を作成しました。  
  • 平成20年6月に「市の花」「市の木」「市の鳥」について公募実施、市民憲章等制定委員会(全6回)
  • 平成20年10月に市民憲章等素案に対するパブリックコメントの実施

  • 平成20年11月に市民憲章等原案を市長へ提出

  • 平成20年12月に神栖市議会で議決

  • 平成21年1月1日に制定

神栖市市民憲章,「市の花・木・鳥」の素案について (平成20年10月1日~30日)

お知らせ、終了しました。たくさんのご意見ありがとうございました。


  市では、新しい神栖市の市民憲章、市の花、木、鳥を制定するため、「神栖市市民憲章等制定委員会」(委員15名)を平成20年6月に組織し検討を行いました。その後、委員会で作成した素案に対するご意見(パブリックコメント)を募集し、皆さんからのご意見を参考にしながら再度委員会で検討し、正式に決定しました。


パブリックコメント

会議録

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。