新型コロナウイルス感染の疑いで医療機関を受診したい方の相談窓口

ページ番号1006381 掲載日 2020年4月27日 更新日 2020年7月8日

印刷大きな文字で印刷

7月8日、県庁の帰国者・接触者相談センターの受付時間を変更しました。

ご相談いただく目安について

次の症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」(茨城県では潮来保健所など県内保健所および県庁)にご相談ください。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある
  • 重症化しやすい方で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪の症状がある
    • 高齢者
    • 基礎疾患(糖尿病・心不全・呼吸器疾患など)のある方
    • 透析を受けている方
    • 免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方
  • 前述以外の方で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪の症状がある
    • 症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください
    • 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください
    • 解熱剤などを飲み続けなければならない方もご相談ください

なお、この目安は皆さんが相談や受診する際に使うものです。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

妊娠中の方へ

妊娠中の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

お子さまがいる方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

帰国者・接触者相談センターとは

各都道府県が設置している「帰国者・接触者相談センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方からの相談受付および「帰国者・接触者外来」への受診調整をおこなっております。

新型コロナウイルスの疑いで医療機関を受診されたい方は

まずは、相談センターにどの医療機関を受診すべきかご相談ください。
相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、センターから専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

潮来保健所の帰国者・接触者相談センター

潮来保健所で受け入れ医療機関の調整をしますので、まずは次にお問い合わせください。

  • 電話番号:0299-66-2114(代表)
  • 受付時間:月曜日~金曜日の午前9時~午後5時(土曜日、日曜日、祝日・休日を除く)

県庁の帰国者・接触者相談センター

県庁内に相談センター窓口が設置されました。

  • 電話番号:029-301-3200
  • FAX番号:029-301-6341
  • 受付時間:午前8時30分~午後10時まで(土曜日、日曜日、祝日・休日も受け付けます)

相談後、医療機関にかかるときのお願い

複数の医療機関を受診することはお控えください。複数の医療機関を受診して感染拡大した例があります。

医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館1階
電話:0299-90-1331 FAX:0299-90-1330
メール:kenko@city.kamisu.ibaraki.jp

健康増進グループ 電話:0299-90-1331
保健予防グループ 電話:0299-90-1331

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。