鹿島東部コンビナートにおける定期修理の実施

ページ番号1007766 掲載日 2021年5月6日 更新日 2022年6月20日

印刷大きな文字で印刷

2022年6月、定期修理に関するお問い合わせ先を掲載しました。

定期修理とは

労働安全衛生法、高圧ガス保安法、電気事業法、消防法などの法律に基づき、工場の点検や修理などをおこなうものです。鹿島東部コンビナートは危険物等の製造・貯蔵・出荷が主であるため、危険物の漏洩・火災・爆発等、市民に多大な被害を及ぼす恐れのある「事故リスク」を限りなくゼロにする使命も負っています。そのため、法に基づき一定の周期で装置を全面的に停止した上で、装置の腐食・損傷状況を検査し補修工事を実施する必要があります。

2022年度定期修理

2022年度の鹿島東部コンビナート定期修理の実施についてご案内します。

定期修理の概要

  • 鹿島東部コンビナート22社のうち17社が対象
  • 実施期間:2022年4月26日(火曜日)から7月24日(日曜日)の90日間
  • ピーク時の入場者数:1日あたり約9,800人(5月下旬)

実施企業作業員の感染防止対策

  • 定修に従事する前から検温結果及び体調を把握する
  • 原則、入構前にPCR検査または抗原検査を実施する
  • 日々の検温と体調確認を実施する

鹿島東部コンビナートにおける取り組み

鹿島東部コンビナート定修コロナ対策事務局を設置し、企業間の連絡体制を密にし、定期修理の協力会社に対して感染症予防、作業員に対する毎日の健康状態を把握するなど、感染症拡大防止を徹底しています。
また、感染症以外でも、交通安全対策として通学路での立哨指導や防犯パトロールなど実施しています。

定期修理に関するお問い合わせ先

株式会社ENEOSマテリアル
電話:0299-96-2518

このページに関するお問い合わせ

産業経済部 企業港湾商工課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 分庁舎1階
電話:0299-90-1182 FAX:0299-90-1226
メール:kigyokowan@city.kamisu.ibaraki.jp

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。