新型コロナウイルス感染症対策のお願い

ページ番号1006051 掲載日 2020年2月27日 更新日 2020年4月27日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルスの感染拡大防止するには

風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、一人ひとりの咳エチケットや手洗いなどをすることがとても重要です。
自分自身を守るため、そして、大切な人を守るため、3つのお願いへのご協力をお願いします。

お願い1:外出はできるだけひかえてください

やむを得ず外出する場合には、マスクを着用していただくようお願いします。

マスクが手に入らない方へ

マスクの代用や節約のために、マスクを手作りする方法をご紹介します。詳しくは次のリンク先をご確認ください。

お願い2:「三密」(密集、密室、密接)を避けましょう

集団感染は、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」という共通点があります。

できるだけ、そのような場所に行くことを避けていただき、やむを得ない場合には、マスクをするとともに、換気を心がけていただく、大声で話さない、相手と手が触れ合う距離での会話は避ける、といったことに心がけてください。

お願い3:咳エチケットや手洗いをお願いします

咳エチケットとは、咳やくしゃみをする際、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。

正しい手洗い方法は次のリンク先をご確認ください。

人との接触を8割減らす、10のポイント

2020年4月22日(水曜日)、政府の新型コロナウイルス感染症専門家会議から、「人との接触を8割減らす、10のポイント」が示されました。
今後の流行をおさえるためには、すべての国民を対象に、「人との接触を8割減らす」ことが重要であるとされました。

  • ビデオ通話でオンライン帰省
  • スーパーは1人または少人数ですいている時間に
  • ジョギングは少人数で。公園はすいた時間、場所を選ぶ
  • 待てる買い物は通販で
  • 飲み会はオンラインで
  • 診療は遠隔診療(定期受診は間隔を調整)
  • 筋トレやヨガは自宅で動画を活用
  • 飲食は持ち帰り、宅配も
  • 仕事は在宅勤務
  • 会話はマスクをつけて

緊急事態宣言の中、誰もが新型コロナウイルスに感染するリスク・感染させるリスクがあります。新型コロナウイルス感染症から、あなたと身近な人の命を守れるよう、あらためて日常生活を見直してみましょう。(4月27日更新)

家庭内で注意していただきたいこと

家庭内で注意していただきたいことをまとめた、厚生労働省「家庭内でご注意いただきたいこと 8つのポイント」2020年3月1日版を掲載しました。

一人ひとりができる感染症対策

  • 石けんよる手洗いや手指のアルコール消毒をする
  • 咳エチケット:咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖や上着の内側を使って、口や鼻をおさえる
  • うがい
  • マスクの着用
  • 体の抵抗力を高めるため、十分な睡眠と休養、バランスのよい食事を
  • 適度な湿度(50~60%)を保つ
  • 人混みや繁華街への外出を控える

イベント・講座・セミナーなどに参加・開催予定の方へ

2020年4月16日(木曜日)、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大され、茨城県が特定警戒都道府県に指定されました。それを受け、茨城県から、次の緊急事態措置を要請されました。

  • 茨城県に住んでいる方への外出自粛要請
  • 「3つの密」が重なりやすい施設に対する休業要請
  • 「3つの密」が重なりやすい施設でのイベントの開催自粛

また、市の対応は次のリンク先をご確認ください。

新型コロナウイルスに関するQ&A

厚生労働省ホームページに新型コロナウイルス感染症についてのQ&Aが掲載されていますので、次のリンク先をご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館1階
電話:0299-90-1331 FAX:0299-90-1330
メール:kenko@city.kamisu.ibaraki.jp

健康増進グループ 電話:0299-90-1331
保健予防グループ 電話:0299-90-1331

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。