4回目の新型コロナワクチン接種の概要

ページ番号1009411 掲載日 2022年5月27日 更新日 2022年9月22日

印刷大きな文字で印刷

神栖市では国の方針に基づき、新型コロナワクチンの4回目接種を実施しています。

2022年9月までは、従来株のみに対応したワクチンで接種を実施し、2022年10月以降は、オミクロン株対応ワクチン(オミクロン株と従来株に対応した2価ワクチン)で接種を実施します。
オミクロン株対応ワクチン接種については、次のリンク先をご確認ください。(2022年9月更新)

対象

3回目接種から5か月以上経過した人のうち、次のいずれかに該当する人が対象です。

  • 60歳以上の人
  • 18歳~59歳で、基礎疾患を有する人やその他重症化リスクが高いと医師が認める人(接種時に、4回目接種の対象者であるか、医師による確認をします。)
  • 18歳~59歳で、医療従事者などや高齢者施設などの従事者

基礎疾患を有する人や重症化リスクが高いと医師が認める人の範囲

  • 次の病気や状態で、通院や入院している人
    • 慢性の呼吸器の病気
    • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
    • 慢性の腎臓病
    • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
    • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
    • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
    • 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
    • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
    • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
    • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
    • 染色体異常
    • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
    • 睡眠時無呼吸症候群
    • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
  • 基準(BMI30以上)を満たす肥満の人
  • 重症化リスクが高いと医師が認める人
  • 次のような人は、重症化リスクが高いと医師に判断される可能性があります。医師にご相談の上、接種をご検討ください。
    • 喫煙する人
    • 運動不足(1回30分以上・週2日以上の運動を1年以上継続できていない)の人
    • 妊娠している人

医療従事者などや高齢者施設などの従事者の範囲

医療従事者などの範囲

  • 病院、診療所において、新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に頻繁に接する機会のある医師その他の職員
    • 診療科、職種は限定しない(歯科含む)
  • 薬局において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する機会のある薬剤師その他の職員(登録販売者を含む)
  • 新型コロナウイルス感染症患者を搬送する救急隊員等、海上保安庁職員、自衛隊職員
  • 自治体などの新型コロナウイルス感染症対策業務において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する業務をおこなう人

高齢者施設などの従事者の範囲

  • 介護保険施設
    • 介護老人福祉施設
    • 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
    • 介護老人保健施設
    • 介護医療院
  • 居住系介護サービス
    • 特定施設入居者生活介護
    • 地域密着型特定施設入居者生活介護
    • 認知症対応型共同生活介護
  • 老人福祉法による施設
    • 養護老人ホーム
    • 軽費老人ホーム
    • 有料老人ホーム
  • 高齢者住まい法による住宅
    • サービス付き高齢者向け住宅
  • 生活保護法による保護施設
    • 救護施設
    • 更生施設
    • 宿所提供施設
  • 障害者総合支援法による障害者支援施設等
    • 障害者支援施設
    • 共同生活援助事業所
    • 重度障害者等包括支援事業所(共同生活援助を提供する場合に限る)
    • 福祉ホーム
  • その他の社会福祉法等による施設
    • 社会福祉住居施設(日常生活支援住居施設を含む)
    • 生活困窮者・ホームレス自立支援センター
    • 生活困窮者一時宿泊施設
    • 原子爆弾被爆者養護ホーム
    • 生活支援ハウス
    • 婦人保護施設
    • 矯正施設(患者が発生した場合の処遇に従事する職員に限る)
    • 更生保護施設

詳しくは、次のファイルをご確認ください。

費用

無料で接種を受けられます。接種費用の自己負担はありません。

接種間隔と回数

3回目の接種を受けてから5か月以上の間隔を空け、1回接種します。

ワクチンの種類

1~3回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、次のワクチンを使用します。

  • ファイザー社ワクチン
  • モデルナ社ワクチン

ご注意ください

2022年9月までは、従来株のみに対応したワクチンで接種を実施し、2022年10月以降は、オミクロン株対応ワクチン(オミクロン株と従来株に対応した2価ワクチン)で接種を実施します。
オミクロン株対応ワクチン接種については、次のリンク先をご確認ください。

接種券

4回目接種を受けるには、接種券が必要です。接種券は次のとおり発行します。

60歳以上の人

接種可能時期に合わせて、接種券を順次発送予定です。

18歳~59歳で、基礎疾患を有する人やその他重症化リスクが高いと医師が認める人

神栖市では申請に基づき接種券を発行します。

18歳~59歳で、医療従事者や高齢者施設などの従事者

神栖市では申請に基づき接種券を発行します。

神栖市へ引っ越してきた人へ

60歳以上の人でも、3回目の接種後に神栖市に転入された人は、接種券発行のための申請が必要です。
次のリンク先をご確認ください。

接種会場・予約方法など

ワクチンの接種を受けるには、次の2種類があります。

  • 市内の医療機関での個別接種
  • 鹿島セントラルホテルでの大規模接種
    • 予約枠に余裕のある日時は、予約なしでも接種ができます
    • 2022年9月は、毎週金曜日・土曜日・日曜日に接種を実施します。

詳しくは次のリンク先をご確認ください。

接種券と同封するもの

  • 接種券一体型予診票:追加接種(4回目接種)用
    • あらかじめ記入してから接種会場にお持ちください
  • 新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時接種):白い用紙
    • 新型コロナワクチン1~3回目接種記録が印字されています
    • 用紙右上に「接種券番号」と「確認番号」が記載されています
  • 神栖市新型コロナワクチン追加接種(4回目接種)に関するお知らせ:ピンク色の用紙
  • 厚生労働省からの4回目接種のお知らせ
  • 新型コロナワクチン予防接種についての説明書:ファイザー社ワクチン用
  • 新型コロナワクチン予防接種についての説明書:モデルナ社ワクチン用

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

健康増進部 保健予防課
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館2階
電話:0299-92-0141 FAX:0299-90-1330
メール:yobo@city.kamisu.ibaraki.jp

保健予防グループ 電話:0299-92-0141
新型コロナワクチン接種グループ 電話:0299-77-7133

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。