離職などで経済的に困窮された方への住居確保給付金:神栖市社会福祉協議会

ページ番号1006230 掲載日 2020年4月2日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の影響などにより離職された方で、「家賃が払えず家を出なければならない」など生活に困窮している方が利用できる制度があります。

住居確保給付金

住居確保給付金とは、離職または自営業の廃止により経済的に困窮し、住居を喪失した方または喪失する恐れのある方に、家賃相当分の給付金を支給するものです。

同時に自立相談支援機関(神栖市社会福祉協議会)による就労支援などを実施し、住居および就労機会の確保に向けて支援します。

詳しくは、次のリンク先をご確認ください。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 社会福祉課
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館2階
電話:0299-90-1138 FAX:0299-93-5002
メール:s-fukushi@city.kamisu.ibaraki.jp

社会福祉グループ 電話:0299-90-1138
保護グループ 電話:0299-90-1139

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。