後期高齢者医療保険料の納付が困難な方へ:新型コロナウイルス感染症対策

ページ番号1006217 掲載日 2020年3月31日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の影響により、後期高齢者医療保険料の納付が困難な場合は、国保年金課医療保険グループにご相談ください。

また、次のような事由に当てはまる場合には、法令等に基づき、後期高齢者医療保険料や一部負担金(医療機関等での窓口負担)の減免または徴収猶予を受けられることがあります。

なお、徴収猶予を受ける場合、猶予期間終了後に納付することを誓約いただく必要があります。

影響の具体例

  • 新型コロナウイルス感染症の患者が発生した居宅で消毒作業がおこなわれたため、被保険者の方またはその属する世帯の世帯主の方が、家財等に著しい損害を受けた(例:電化製品)
  • 被保険者の属する世帯の世帯主の方が新型コロナウイルス感染症にり患し、死亡または心身に重大な障害を受け、もしくは長期入院したことにより、その方の収入が著しく減少した
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、予約のキャンセルが相次いだため、事業または業務の休止・廃止、事業における著しい損失、失業等によって、被保険者の属する世帯の世帯主の方の収入が著しく減少した

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 国保年金課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎1階
電話:0299-90-1142 FAX:0299-90-1324
メール:hoken@city.kamisu.ibaraki.jp

国保グループ 電話:0299-90-1142
年金グループ 電話:0299-90-1145
医療福祉グループ 電話:0299-90-1143

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。