死亡した野鳥を見つけたら

ページ番号1001516 掲載日 2019年6月6日 更新日 2019年11月1日

印刷大きな文字で印刷

野鳥はエサの状況や環境の変化など様々な原因で死亡します。
死亡野鳥を見つけても、直ちに鳥インフルエンザ感染の可能性を疑う必要はありませんが、野生動物には細菌や寄生虫などがいることがありますので素手で触らないようにしましょう。
また、鳥インフルエンザは感染した鳥と濃密に接触するなど、特殊な場合を除いて人に感染することはないと言われています。日常生活において過度に心配することはありません。

カモやサギ類などが死んでいたら県までご連絡ください

現在各地で鳥インフルエンザウイルスが検出されていることにともない、茨城県では野鳥の監視体制の強化と検査をおこなっています。感染リスクの高いとされている野鳥(カモやサギ類など)が死んでいたり、密集して死んでいる野鳥を見つけた場合には次へご連絡ください。

  • 月曜日~金曜日(休日を除く):鹿行県民センター 環境・保安課 電話:0291-33-6057
  • 休日:鹿行県民センター 環境政策課 電話:029-301-2946

関連情報

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎1階
電話:0299-90-1147 FAX:0299-90-1031
メール:kankyo@city.kamisu.ibaraki.jp

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。