神栖市医師修学資金

ページ番号1001749 掲載日 2020年2月1日 更新日 2021年3月1日

印刷大きな文字で印刷

将来、神栖市内で医師として働くことを目指す学生を応援!
神栖市では、将来、市内にある医療機関の医師として働こうとする全国の大学生、大学院生を対象に修学のための資金を貸与します。
資金貸与後、市内医療機関で一定期間勤務することによって資金の返還が免除されます。

当制度は、市内医療機関への雇用を保証するものではありません。あらかじめ、ご了承ください。

2021年3月、条例を掲載しました。

令和3年度神栖市医師修学資金貸与制度のご案内

募集要領

対象者

次の要件を満たす大学生および大学院生が対象です。

  • 学校教育法に規定する大学・大学院の医学を履習する課程に在学する方
  • 将来医師として市内の病院および診療所で勤める意志のある方

対象とならない方

他の修学資金などを受けている方、受ける見込みのある方は対象者となりません。

貸与額

  • 入学一時金(希望者のみ):240万円
  • 月額:20万円

貸与期間

大学、大学院の正規の修学期間内

返還の免除について

大学または大学院を卒業後、2年以内に医師の免許を取得し、臨床研修を終了した後、市内にある病院および診療所に従事し、その勤務期間が貸与期間に相当する期間に達したとき。
(入学一時金の貸与を受けた場合、勤務期間は貸与期間に1年加算した期間となります。)

臨床研修または専門研修を市内医療機関で受ける場合は、その研修期間も返還免除期間に含みます。

審査

書類審査および面接により決定します。

申し込み期間

随時、申し込みを受け付けています。

申し込み方法

申し込み先に次の必要書類を提出してください。詳細については募集要領をご参照ください。

必要書類

  • 修学資金貸与申請書(様式1号)
  • 応募理由書(様式2号)
  • 誓約書(様式3号)
  • 在学証明書:入学前の方は合格通知書の写し、ただし、入学後速やかに在学証明書を提出すること
  • 履歴書:市販のもので写真を貼付したもの
様式ダウンロード

記入時の注意事項

申請書記入時に2名の連帯保証人が必要です。

独立の生計を営み、利息を含めた修学資金の返還の責任を負うことができる資力を有する者とします。
申請者が未成年の場合は、前述の連帯保証人のうち1人は、法定代理人とします。

記入例について

次のファイルをご参考ください。

提出方法

申し込み先に郵送または直接持参して申し込んでください。

持参の場合は、開庁日の午前8時30分から午後5時15分まで受け付けます。土曜日、日曜日および祝日は閉庁日のため受け付けできませんのでご注意ください。

申し込み先・問い合わせ先

〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5
神栖市役所 健康福祉部 地域医療推進課
電話:0299-77-8207

条例・規則

当制度は「神栖市医師及び看護師修学資金貸与条例」によります。

詳細についてはお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 地域医療推進課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎1階
電話:0299-77-8207 FAX:0299-90-1324
メール:iryo@city.kamisu.ibaraki.jp

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。