矢田部小と土合小は「やたべ土合小学校」になりました

ページ番号1003371 掲載日 2019年6月6日 更新日 2019年11月6日

印刷大きな文字で印刷

「やたべ土合小学校」開校式

平成30年度から矢田部小学校と土合小学校が統合し、やたべ土合小学校が誕生しました。
平成27年11月に学校適正規模適正配置検討委員会が発足し、その提言を受け教育委員会では平成28年3月に神栖市学校適正規模適正配置基本計画を改訂し、矢田部小学校と土合小学校の統合を進めることとなりました。
平成28年10月から8回の地区説明会を行い、平成29年2月に矢田部小学校・土合小学校統合準備委員会が発足され、合計10回の会議が開催され統合に関する様々な話し合いが持たれました。

開校式の様子

平成30年4月6日には開校式がおこなわれ、新しい校旗が市長から校長先生へ授与されました。
また、新しく作られた校歌も全校児童の合唱で披露されました。

写真:開校記念式典の様子1

写真:開校記念式典の様子2

写真:開校記念式典の様子3

新しい校歌

写真:校歌


新しい校歌は「神栖市立やたべ土合小学校」のホームページで聴くことができます。

「矢田部小学校」閉校式

明治7年、矢田部小学校は矢田部本村の正福寺内に小学校を仮設して授業を開始。昭和22年に正式に矢田部小学校となる。その後、児童数の増加により昭和45年に植松小学校と分離、昭和48年には百周年を迎え、昭和50年に新校舎が完成、昭和57年には土合小学校が新設され矢田部小学校の学区の一部が土合小学校となりました。
閉校に至るまでの144年間に7,242名の卒業者を送りだし、住民や地域と共に歴史と伝統を培ってきました。 近年の少子化の影響により、昭和55年度には527名いた児童も、平成29年度には70名まで減少してきたことから、子どもたちのより良い教育環境を確保するために土合小学校と統合し、土合小学校を利用して、平成30年度からはやたべ土合小学校としてスタートすることになりました。

閉校記念式典

平成30年3月24日(土曜日)に矢田部小学校で閉校記念式典がおこなわれました。
記念碑の除幕式や、学校開放を行い校内に思い出の写真などが飾られました。
詳しくは「神栖市立矢田部小学校」のホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 学務課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎5階
電話:0299-77-7347 FAX:0299-77-7703
メール:gakko@city.kamisu.ibaraki.jp

学務課 電話:0299-77-7347
波崎教育事務所 電話:0479-44-6490

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。