アヴァロン

ページ番号1007855 掲載日 2021年5月27日

印刷大きな文字で印刷

活動目的

  • 認知症予防
  • 市民交流の機会作り

「認知症」と「ボードゲーム」

現代では、認知症は誰もがなりうる病気となりました。最も重要なのは、早期から予防対策をおこなうことです。
イギリスのエディンバラ大学で発表された論文では、「ボードゲームで頻繁に遊ぶ人は、そうでない人と比べると記憶力や思考能力といった認知機能が高く、高齢になってからの認知機能低下も少なくなる」と最新の研究により明らかになっています。

ボードゲームをすることで、より良い人間関係を築くことができるということも明らかになっています。
孤独を感じることで認知症の発症リスクが2倍になるともいわれており、地域での繋がりが希薄になっている現代にこそ、ボードゲームを通じてより良い人間関係を築く取り組みが必要です。

活動概要

活動内容

認知症予防講座

  • レクリエーション
  • ボードゲーム など

PR事項

あなたもぜひ、手軽に認知症予防しませんか?
認知症に学んだあと、ボードゲームを使って認知症予防を体験しましょう。

活動地域

神栖市内

会員数

2人(男性:2人)

会員の募集

募集中

会費など

年会費:1,000円

活動日

不定期(主に日曜日)

代表者氏名

冨田 司(とみた つかさ)

このページに関するお問い合わせ

企画部 市民協働課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎2階
電話:0299-90-1178 FAX:0299-95-9920
メール:kyodo@city.kamisu.ibaraki.jp

困りごとサポート室 電話:0299-77-7616
市民活動支援センター 電話:0299-77-8725

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。