一時帰宅した時は(在宅復帰支援サービス費):市の在宅介護支援事業

ページ番号1006885 掲載日 2020年12月16日

印刷大きな文字で印刷

施設に入所している方や病院に入院している方が、自宅に一時帰宅する際に介護用ベッドのレンタルや介護保険の適用外の訪問介護・訪問看護のサービスを利用する場合、市が費用の一部を支援します。

ただし、介護用ベッドなどをレンタルをする場合は、介護保険で取り扱っているものに限ります。

在宅復帰支援サービス費

対象者

要介護1~5または要支援1~2の方で、介護保険料に未納がない方

利用料(自己負担額)

1年間に受けられる助成額には上限が設けられています。
1年間の費用の上限(助成限度基準額)は55,000円です。

助成限度基準額の範囲内でサービスを利用したときは、かかった費用の自己負担割合分(1割~3割)が自己負担額となります。
ただし、その上限を超えてサービスを利用した場合、超えた分は全額自己負担になります。

  • 助成限度基準額の対象期間:その年の4月1日から翌年3月31日までの1年間
  • 自己負担割合:ご自身の介護保険負担割合証に記載

なお、上限内の費用の自己負担割合分以外(9割~7割)は、市が負担します。

計算例

かかった費用が56,000円で、負担割合が1割の人の場合、自己負担額は次の通りです。
なお、かかった費用が上限55,000円を超えているため、55,000円を基準に負担割合を算出します。

5,500円(対象費用の1割:55,000×10%)+1,000円(上限を超えた費用:56,000円-55,000円)=6,500円

支給方法

支給方法は、次のどちらかが選択できます。

償還払い

まずはかかった費用の全額を事業者に支払い、その後に市へ申請することで、後日口座振込で支給される方法

 

受領委任払い

自己負担分だけを事業者に支払い、残りを市が直接事業者に支払う方法

様式

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 長寿介護課
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館1階
電話:0299-91-1700 FAX:0299-93-2399
メール:chouju@city.kamisu.ibaraki.jp

長寿企画グループ 電話:0299-91-1700
介護保険グループ 電話:0299-91-1702
地域包括支援グループ 電話:0299-91-1701

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。