幼稚園・保育園・認定こども園の無償化

ページ番号1004694 掲載日 2019年11月15日

印刷大きな文字で印刷

2019年10月から、3~5歳の子どもが利用する幼稚園、保育所、認定こども園などの利用者負担額(保育料)が無償化されます。
また、0~2歳の子どもがいる家庭でも、住民税非課税世帯に限り、無償化の対象となります。
お子さんが通う施設により、該当する条件や上限額が異なりますので、該当される箇所をご確認ください。

幼稚園、保育所、認定こども園、地域型保育を利用する子ども

地域型保育については、小規模保育、家庭的保育、居宅訪問型保育、事業所内保育が該当となります。

対象者

  • 3~5歳の子ども:通っている方全員
  • 0~2歳の子ども:住民税非課税世帯の方のみ

無償化の範囲

  • 幼稚園:月25,700円まで
  • 保育所、認定こども園、地域型保育:全額無償化

無償化になる期間

  • 幼稚園、認定こども園(教育):満3歳から小学校入学前まで
  • 保育所、認定こども園(保育)、地域型保育:小学校入学前の3年間(満3歳になった後の3月31日までは住民税非課税世帯に限る)

現在、保育所や認定こども園(保育)の給食費のうち、おかずなどについては保育料の一部に含まれていますが、無償化後も引き続き保護者の皆さまの負担となります。
負担額については、各園で異なりますので、各園に直接お問い合わせください。

幼稚園の預かり保育を利用する子ども

対象者

幼稚園、認定こども園(教育)に通っている子どもで、市から「保育の必要性の認定」を受けた方

無償の範囲

幼稚園の利用に加え、利用日数に応じ、月11,300円まで
満3歳になった後の3月31日までは、住民税非課税世帯の子どもたちが対象で、16,300円まで

市から「保育の必要性の認定」を受けていない方は無償化の対象となりません。認定申請については、子育て支援課までお問い合わせください。

認可外保育施設などを利用する子ども

対象施設

認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリーサポートセンター事業

対象者

3歳から5歳の子ども、または、住民税非課税世帯の0歳から2歳の子どもで、市から「保育の必要性の認定」を受けた方

保育所、認定こども園などを利用できていない方が対象となります。詳しくは子育て支援課へお問い合わせください。

無償化の範囲

  • 3歳から5歳の子ども:月37,000円まで
  • 0歳から2歳の住民税非課税世帯の子ども:月42,000円まで

市から「保育の必要性の認定」を受けていない方は無償化の対象となりません。認定申請については、子育て支援課へお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 子育て支援課
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館 別館2階
電話:0299-90-1206 FAX:0299-95-6280
メール:kosodate@city.kamisu.ibaraki.jp

保育グループ 電話:0299-90-1206
少子化対策室 電話:0299-77-7011

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。