後期高齢者医療保険給付とは

ページ番号1002196 掲載日 2019年6月6日 更新日 2020年7月1日

印刷大きな文字で印刷

「補装具を作ったとき」の申請に必要なものを追記しました。(2020年7月更新)

後期高齢者医療被保険者証

75歳を迎える方には、1人に1枚、後期高齢者医療被保険者証が交付されます。
この保険証には自己負担割合について「1割」または「3割」が記載されています。
なお、住民税非課税世帯の方は、申請することにより、保険証のほかに「限度額適用・標準負担額減額認定証」が交付されます。

医療を受けるときは必ず提示してください。

病院等へのかかり方

病院等にかかるときは、忘れずに医療機関の窓口に保険証を提示してください。
また、次の認定証をお持ちの方はあわせて提出してください。

  • 後期高齢者医療 限度額適用・標準負担額減額認定証
  • 後期高齢者医療 特定疾病療養受療証

病院などへの支払いは、かかった医療費の1割です。ただし、現役並み所得者は3割となります。

医師の指示により、コルセットなどの補装具を作ったとき

被保険者が医師の指示により、コルセット等の補装具を作った時は、お支払いを済ませた後、申請が必要になります。
茨城県後期高齢者医療広域連合での審査後、支払った費用の一部の払い戻しを受けることができます。

申請に必要な物

  • 補装具を作った方の被保険者証 ・医師が交付した、補装具を必要とする意見書(診断書)または証明書
  • 補装具の領収書
  • 補装具を作った方の認印:朱肉を使用するもの
  • 補装具を作った方の口座がわかるもの
  • 補装具を作った方のマイナンバーの分かるもの

補装具を作った方以外の口座への払い戻しを希望される場合は、委任状が必要となります。

後期高齢者医療制度加入時の住所地特例について

2018年4月から後期高齢者医療制度加入時に住所地特例の対象施設に入所等している方で、国保の保険証を使用していた方は、住所地特例の適用を引き継ぎ、従前の住所地の後期高齢者医療広域連合の被保険者となります。

お問い合わせ先

保険料の計算について

茨城県後期高齢者医療広域連合 事業課
電話:029-309-1213

保険料の納付について

神栖市役所 国保年金課 医療福祉グループ
電話:0299-90-1143

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 国保年金課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎1階
電話:0299-90-1142 FAX:0299-90-1324
メール:hoken@city.kamisu.ibaraki.jp

国保グループ 電話:0299-90-1142
年金グループ 電話:0299-90-1145
医療福祉グループ 電話:0299-90-1143

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。