妊産婦健診

ページ番号1001568 掲載日 2019年6月6日 更新日 2020年4月1日

印刷大きな文字で印刷

パンフレット:妊婦健診イメージ

妊婦健康診査を必ず受けましょう!

妊娠中は、普段より健康に気をつけなければなりません。
少なくとも初期の頃は毎月1回、妊娠24週(第7か月)以降には月2回以上、さらに妊娠36週(第10か月)以降は毎週1回、医療機関などで健診を受けてください。

妊婦健診って何をするの?

妊婦さんの健康の状態や、お腹の赤ちゃんの育ちぐあいをみるため、身体測定や血液・血圧・尿などの検査をします。
特に、貧血、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などの病気は、お腹の赤ちゃんの発育に影響し、母体の健康を損なうことがあります。
妊婦健診を受けることで、病気などに早く気づき、早く対応することができます。

妊娠したら誰に相談すればよいの?

専門家の保健指導を受けましょう!
妊娠に気づいたら、医療機関を受診し、お住まいの市町村の窓口にできるだけ早く妊娠の届け出をしてください。

神栖市の窓口(子育て世代包括支援センター)では、母子健康手帳をお渡しする際に「妊産婦健康診査受診票」(助成券)を交付します。この受診票を医療機関窓口に出すことで、妊婦健康診査・産婦健康診査の費用の一部が助成されます。
また、保健師などによる相談、マタニティーセミナー・ニューファミリーセミナーの紹介、各種の情報提供などを受けることができます。
その他、妊娠・出産についてのお悩みもご相談ください。

里帰り出産する場合は?

分娩前後に帰省するなど、住所地以外で過ごす場合は、その旨を住所地と帰省地の市区町村の母子保健担当に電話などで連絡をとってください。母子保健サービスの説明を受けましょう。

妊産婦健康診査受診票

妊娠初期から出産1か月頃までの間、妊婦健康診査の費用を14回、産婦健康診査の費用を2回助成します。
受診の際に医療機関窓口に妊産婦健康診査受診票(助成券)を出してください。

妊婦健診(第1回分)の助成額引き上げ

2020年4月から、妊婦健診の第1回分の助成額が16,350円から20,550円となりました。(2020年4月掲載)

2020年4月以降に第1回の妊婦健診を受診する方が対象となります。母子健康手帳を発行する際に、妊産婦健診受診票つづりをお渡しします。
すでに受診票をお持ちの方は、そのまま使用できます。新しい受診票と同じく20,550円の助成を受けられます。

助成対象の医療機関

次の医療機関で受診する方は、妊産婦健康診査受診票を持参し、医療機関の受付等に提出してください。
受診後、窓口にて支払う自己負担額から、助成額分を差し引くことで助成します。

  • 県内の医療機関
  • 国保旭中央病院(千葉県旭市)
  • 島田総合病院(千葉県銚子市)
  • 成田赤十字病院(千葉県成田市)
  • 増田産婦人科(千葉県匝瑳市)

県外の医療機関を受診の方へ

里帰りなどで県外の医療機関を受診する方は払い戻しの申請が必要です。(償還払い)
詳しくは次のリンク先をご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館1階
電話:0299-90-1331 FAX:0299-90-1330
メール:kenko@city.kamisu.ibaraki.jp

健康増進グループ 電話:0299-90-1331
保健予防グループ 電話:0299-90-1331

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。