不育症治療の費用助成

ページ番号1001602 掲載日 2019年6月6日 更新日 2019年11月13日

印刷大きな文字で印刷

流産を繰り返す等で医師から不育症と診断され、治療を受けた方に治療費の一部を助成します。

助成対象

次の要件をすべて満たしていること。

  • 法律上の婚姻をしていること
  • 夫婦がともに引き続き1年以上神栖市民であること
    (夫婦のいずれかが単身赴任等の理由により遠隔地に居住している場合、証明書類を提出することにより対象となることがあります)
  • 医師に不育症と診断された
  • 医療保険各法の被保険者、組合員、加入者、被扶養者である
  • 申請者の世帯員が市税等を完納していること

助成回数・助成額

1年度1回、1回の治療につき10万円を限度とします。
なお、10万円に満たないときはその額を助成します。

申し込みに必要な書類

  • 治療費の領収書(原本)
  • 不育症治療費助成金交付申請書
  • 不育症治療費医療機関証明書
  • 不育症治療費助成金交付請求書:振り込み先を記入。
  • 住所および婚姻関係がわかる書類:申請に同意し、確認できる場合は省略可能。
  • 完納証明書(世帯分):申請に同意し、確認できる場合は省略可能。
  • 認め印:朱肉を使うもの
  • 健康保険証(原本)
  • 申請者の振込先口座がわかるもの
  • 遠隔地への単身赴任を証明する書類:夫婦のいずれかが神栖市民でない場合のみ。

様式ダウンロード

助成金交付請求書には振り込み先をご記入ください。

備考

  • 領収書および健康保険証については、原本を持参ください。健康増進課でコピーを取ります。
  • 完納証明書については、市役所課税課で発行しています。ご本人以外が取得しに行く場合は、委任状が必要です。詳しくは課税課(電話:0299-90-1134)へお問い合わせください。

申請時期

助成金の交付を受けようとする方は、不育症治療が終了した日の年度内に申請書を提出してください。
たとえば、平成31年度の助成対象者は、2019年4月1日(月曜日)から2020年3月31日(火曜日)までの間に治療が終了された方です。
なお、やむを得ない理由があると認められる場合は、治療年度の翌年度に申請することもできますのでご相談ください。

受付場所

神栖市役所 健康増進課(電話:0299-90-1331)
〒314-0121 神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館内

関連情報

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館1階
電話:0299-90-1331 FAX:0299-90-1330
メール:kenko@city.kamisu.ibaraki.jp

健康増進グループ 電話:0299-90-1331
保健予防グループ 電話:0299-90-1331

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。