国民年金保険料の控除

ページ番号1001284 掲載日 2019年6月6日 更新日 2019年9月20日

印刷大きな文字で印刷

納めた保険料は、所得税および住民税の申告において、全額が社会保険料控除として所得控除の対象になります。年末調整や確定申告のときに、忘れずに社会保険料(国民年金保険料)控除証明書とともに申告してください。
なお、社会保険料控除の対象となるのは、その年の1月1日から12月31日までに納付した保険料です。保険料の未納がある方は、年内に保険料を納付するようにしましょう。

社会保険料(国民年金保険料)控除証明書

日本年金機構本部より「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」(はがき)が送付されています。申告の際は控除証明書を添付することにより、国民年金保険料全額が所得税・住民税の社会保険料控除の対象となりますので大切に保管してください。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 国保年金課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎1階
電話:0299-90-1142 FAX:0299-90-1324
メール:hoken@city.kamisu.ibaraki.jp

国保グループ 電話:0299-90-1142
年金グループ 電話:0299-90-1145
医療福祉グループ 電話:0299-90-1143

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。