姉妹都市親善訪問事業報告

ページ番号1002878 掲載日 2019年6月6日 更新日 2019年9月20日

印刷大きな文字で印刷

平成30年度姉妹都市親善訪問事業報告

2019年2月4日から5日間、石田進市長が姉妹都市であるユーリカ市を訪問しました。
震災などの影響により、10年ぶりの訪問でしたが、ユーリカ市内にあるKamisu Parkへ桜の植樹、神栖第四中学校生徒によるペンパル事業相手校Zane Middle Schoolの訪問、ユーリカ市長への表敬訪問など、いずれも温かな歓迎をいただきました。

Kamisu Parkへ桜の植樹

桜の植樹は、姉妹都市交流の証しとして2015年に神栖市から提案したもので、2017年5月にユーリカ市議会で植樹予定地が「Kamisu Park」と命名されました。
2019年2月5日に、桜の苗木6本を植樹。ユーリカ市の手配による植樹式には、ユーリカ市長をはじめ市民など約100名が参加し、両市長スピーチ、ユーリカ市高校生のコーラス、記念看板の除幕式などがおこなわれました。

写真:神栖市長のあいさつの様子

写真:両市長による植樹の様子

写真:かみすパークの案内看板

写真:植樹された苗木

写真:式典参加者の集合写真

Zane Middle School訪問

今回の訪問には、神栖第四中学校から2名の生徒が同行し、同校が過去2年に渡り実施しているペンパル事業の相手校Zane Middle Schoolを訪問しました。
Zane Middle Schoolでは、ペンパル事業の返信手紙の受け取りの他、神栖市中学生2名の英語による神栖市の紹介、ユーリカ市生徒の日本語小演劇鑑賞、ジャズ演奏の鑑賞、中学生バスケットボール試合観戦などをおこないました。

ペンパル事業とは

神栖市国際交流協会が神栖市内の中学校の協力を得て実施している事業です。

写真:ZaneMiddleSchool訪問の様子

写真:中学生による神栖市紹介の様子

写真:バスケットボール観戦の様子

ユーリカ市長への表敬訪問

ユーリカ市長を表敬訪問し、ユーリカ市議会へ出席しました。ユーリカ市議会では、ユーリカ市長より、2019年2月5日を「神栖の日」とする宣言をいただきました。

今後は、ペンパル事業を継続し、その一歩先の交流の形として、中学生代表団の派遣について協議を進めることとなりました。

写真:ユーリカ市議会への表敬訪問の様子

写真:市議会の皆さんと集合写真

写真:ユーリカ市長と石田市長

このページに関するお問い合わせ

企画部 政策企画課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎3階
電話:0299-90-1120 FAX:0299-90-1112
メール:kikaku@city.kamisu.ibaraki.jp

政策推進グループ 電話:0299-95-9366
震災復興推進室 電話:0299-95-9366
企画・統計グループ 電話:0299-90-1120

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。