かみす子育て住まいる給付金

ページ番号1006194 掲載日 2020年4月7日 更新日 2021年4月1日

印刷大きな文字で印刷

神栖市では、若年世帯の移住・定住促進や子育て支援のため「かんどうみつけて住まいる」をキャッチフレーズに、従前の若年世帯住宅取得補助金から同居要件の緩和や加算内容を拡充した「かみす子育て住まいる給付金」を創設しました。
住宅取得費の一部として最大100万円を助成します。

2021年4月、問い合わせ先および交付申請書の提出先を更新しました。

対象要件

取得から2年以内の住宅であり、かつ申請日時点において、次の対象者と対象住宅のすべての要件を満たすことが必要です。

対象者

  • 取得者(もしくはその配偶者)が、45歳未満であること
  • 次のいずれかが同居世帯に含まれていること
    • 高校生相当以下の子どもが1人以上
    • 満65歳以上の親族
  • 取得した住宅に引き続き3年間居住すること
  • 住宅復興資金利子補給制度、木造住宅耐震改修促進事業補助金、若年世帯住宅取得補助金を併用していないこと

高校生相当とは、15歳に達する日の翌日以後における最初の4月1日から18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者をいいます。

対象住宅

  • 2020年4月1日以降に取得した住宅
  • 台所、便所、浴室および居室を有し、利用上の独立性があるもの
  • 居住部分の延床面積が60平方メートル以上のもの
  • 自己の居住用に供する住宅であること:併用住宅の場合、居住部分の延床面積が2分の1以上
  • 建築基準法および都市計画法の規定に適合していること

申請の受付期限

住宅の取得に係る登記原因の日から2年以内

補助金の額

  • 新築、建売・中古住宅(建築されてから20年を経過していないもの)の購入:25万円
  • 市が売却する土地で新築した場合:15万円加算
  • 市街化区域での新築または購入:5万円加算
  • 高校生相当以下の者のうち、2人目以降1人につき:10万円加算
  • 世帯全員(若年者の転入日以後生まれた子および転入日以後世帯員となった本市に住所を有していた親族を除く)が転入者であり、3年以上定住する見込みがあるとき:30万円加算

上限給付額

100万円

市が売却する土地とは

次のリンク先をご確認ください。

交付申請書の提出

提出に必要な書類

  • 交付申請書
  • 世帯全員の住民票:原本、続柄が記載されているもの
  • 建物登記簿の全部事項証明書の写し
  • 建築確認済証の写し
  • 建築確認検査済証の写し
  • 建物平面図の写し
  • 住宅の工事請負契約書又は売買契約書の写し
  • 建物現況写真
  • 開発行為の検査済証の写し:市街化調整区域の場合
  • 居住用面積を確認できる書類の写し:併用住宅の場合
  • 印鑑:朱肉を使うもの
  • 振込先のわかるもの

家族以外が申請する場合は、委任状が必要です。

2008年3月31日以前に着工された中古住宅購入の場合、建築確認検査済証、開発行為の検査済証は省略できます。

様式ダウンロード

交付申請書の提出先

  • 住宅政策課(神栖市役所 分庁舎2階) 電話:0299-95-6595
  • 市営住宅建替準備室(波崎総合支所・防災センター1階) 電話:0479-44-5133

問い合わせ先

住宅政策課 電話:0299-95-6595

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 住宅政策課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 分庁舎2階
電話:0299-95-6595 FAX:0299-90-1114
メール:jyutaku@city.kamisu.ibaraki.jp

市営住宅建替準備室(波崎総合支所・防災センター 1階)
電話:0479-44-5133 FAX:0479-44-5134

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。