犬、猫の不妊・去勢手術補助金

ページ番号1001500 掲載日 2019年6月6日 更新日 2020年4月1日

印刷大きな文字で印刷

最近、市内で捨てられている子犬や子猫が増えています。犬や猫を捨てるのは、犯罪です。100万円以下の罰金が科されます。
飼い主の責任として、飼いきれない不幸な命を増やさないように、不妊・去勢手術を受けさせましょう。

市では、不妊・去勢手術の補助金制度があります。手術費の3分の1を補助しています。(限度額10,000円)

なお、補助金の対象は、これまで毎年度1世帯あたり犬および猫それぞれ1頭ずつとしていましたが、2020年4月1日(水曜日)から頭数制限が無くなりました。

補助金の申請

この補助金は、手術を受けた日から1年以内の申請が対象となります。
2019年度に申請ができなかった方でも、新年度の2020年4月1日から手術後1年以内の間であれば申請することができます。

ご注意ください

犬の場合は、申請年度の予防接種をしている事が補助金交付要件となっております。申請前に2020年度の予防接種(赤色の注射済票)を受けてください。

制度の概要

対象者

次に該当する方が対象です。

  • 手術した日から補助金申請日まで引き続き神栖市民であること。
  • 市税の滞納がないこと。
  • 犬は登録および当年度の狂犬病予防注射済みであること。

申請期間

手術をした日から1年以内に申請をしてください。

申請日の具体例

  • 2020年3月1日(2019年度)に手術で、2020年5月1日(2020年度)に申請
    手術日から1年以内なので、年度が変わっても申請できます。
  • 2020年3月1日に手術で、2021年2月1日に申請
    手術日から1年以内なので、申請できます。
  • 2020年3月1日に手術で、2021年4月1日に申請
    手術日から1年以上過ぎているため、申請することができません。

申請可能頭数

制限無し

補助金額

手術代(消費税含む)の3分の1を補助します。
限度額は10,000円です。

申し込み方法

次の書類などを環境課までご持参ください。

  • 申請書
  • 手術費の領収書または手術証明書など
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 振込先口座番号のわかるもの(預金通帳など)
    補助金振込先は受付時に記入していただきます。

申し込み先

環境課(神栖市役所 本庁舎1階)
神栖市溝口4991-5

補助金関係書類のダウンロード

申請書には犬・猫の生年月日を記入する欄がありますが、捨てられていた犬・猫を拾って飼ったなどにより生年月日が不明の場合でも、補助金の申請は可能です。生年月日の欄には拾った日や、獣医師の見立ての年齢を記入してください。

補助金交付申請書

手術費用の領収書・例

請求書

委任状

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎1階
電話:0299-90-1147 FAX:0299-90-1031
メール:kankyo@city.kamisu.ibaraki.jp

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。