納税の猶予

ページ番号1001378 掲載日 2019年6月6日 更新日 2020年5月11日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ

納税者や家族が新型コロナウイルス感染症に罹患するなど、新型コロナウイルス感染症に関連して納付(納入)することが困難な場合は猶予制度をご案内しています。
また、新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、1年間、地方税の徴収の猶予を受けることができるようになります。(5月11日更新)

詳しくは、納税課までお問い合わせください。

徴収の猶予

次のような事情により市税を納期限内に納めることができない場合には、申請に基づいて納付(納入)の時期を遅らせることができます。

  • 震災、風水害、火災などの災害や盗難にあったとき
  • 本人または家族が病気にかかったり、負傷したとき
  • 事業を廃止、または休止したとき
  • 事業において著しい損失を受けたとき
  • 前述の事実に類する事情があったとき

換価の猶予

市税を一時的に納付(納入)することにより、事業の継続または生活の維持を困難にするおそれがある場合には、申請に基づいて差押財産の換価(売却)が猶予されます。

納税・換価とも猶予を受けられる期間は原則1年となります。

 

このページに関するお問い合わせ

総務部 納税課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎2階
電話:0299-90-1122 FAX:0299-90-1256
メール:nozei@city.kamisu.ibaraki.jp

管理グループ 電話:0299-90-1122
現年対策グループ 電話:0299-90-1136
滞納整理1グループ 電話:0299-90-1329
滞納整理2グループ 電話:0299-90-1037

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。