選挙と引っ越しの関係

ページ番号1000856 掲載日 2019年6月6日 更新日 2019年11月18日

印刷大きな文字で印刷

引っ越したら住民票の異動手続きを

進学や就職などで引っ越しされた方は、原則、現在住んでいる寮・アパート等が住所地になります。
住所の異動がある方は、住民基本台帳法に基づき、転出・転入の手続きをする必要があります。
上下水道やゴミ処理、道路・公園の整備などの役割は、住んでいる市区町村が担っており、住民票はこうした行政サービスや選挙人名簿への登録などにつながる大切な情報ですので、忘れずに手続きをしましょう。

転入・転出の手続きは「引越し・住まい」をご確認ください。

チラシ:新生活はじまる引越×住民票×選挙

引っ越したら、どこで投票できるの?

新住所地に引っ越してから3か月経過していれば、新住所地で投票できますが、住民票を移す必要があります!
引っ越しをした場合、転入の日から14日以内に新住所地の市区町村に届出をする必要があります。

引っ越して3か月経たずに選挙があるとき、投票できないの?

引っ越し前の住所(旧住所地)に3か月以上住んでいたのであれば、旧住所地で投票できます!
都道府県の選挙においては、当該都道府県の区域外に、市区町村の選挙においては、当該市区町村の区域外に転出した方は当該都道府県又は市区町村の選挙の投票はできません。

旧住所地に行けない場合はどうしたらいいの?

不在者投票制度を活用できます!
不在者投票は、仕事や旅行などで、選挙期間中、現住所地以外の市区町村に滞在している方も、滞在先の市区町村の選挙管理委員会でおこなうことができます。

引っ越したら(住民票を移したら)、地元の成人式には出席できないの?

ほとんどの市区町村で、地元の成人式に参加できます。
成人式の案内状の送付先の変更など事前に手続きが必要な場合もあるので、詳しくは参加を希望する成人式を開催する市区町村にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

選挙管理委員会(総務課内)
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎3階
電話:0299-90-1125 FAX:0299-90-1112
メール:somu@city.kamisu.ibaraki.jp

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。