汚染土壌等の処理報告

ページ番号1003725 掲載日 2019年6月6日 更新日 2019年11月26日

印刷大きな文字で印刷

平成20年3月10日に処理業務を終了しました。

  • 汚染源掘削調査で掘り出された汚染源と見られるコンクリート様の塊(約100トン)と調査によって発生した汚染土壌(約2,000トン)、汚染米(14トン)等を安全に処分するため、焼却し有機ヒ素を分解した上で処理をおこないました。
  • 汚染土壌等の処理対象物は密閉容器に充填され、総数で約97,600個になりました。
  • 奥野谷浜に新規の保管テントを設置し、汚染土壌等の密閉容器全てを掘削現場から搬出しました。平成19年12月18日に新保管テントから鹿島共同再資源化センターへの搬送を終了し、平成20年1月8日から撤去作業に取り掛かりました。
  • 本格処理を平成18年12月1日から行い、平成19年12月25日に全ての焼却処理を完了しました。
  • 処理量累計は汚染土壌2,033トン、コンクリート塊及び粗大物115トン、汚染米14トンで合計2,162トン(当初予定量の102%)となりました。(処理量が予定を上回ったのは、施設への搬入時における計量において精査集計された結果です。)
  • 処理期間中においては焼却施設の燃焼温度等に大きな変化はなく、通常の操業状態どおりにおこなうことができました。
  • これまでの分析結果では、全ての検体で有機ヒ素は不検出であり、処理により土壌等に含まれていた有機ヒ素は確実に無機化されたことが確認されました。排ガスからの総ヒ素は不検出であり、煙突からヒ素は排出されていないことが確認されました。また、主灰及び飛灰の総ヒ素の溶出量は、管理型処分に係る溶出量の基準値未満(これまで不検出)であることが確認されました。

これらにより汚染土壌等の処理が適切に終了したことを確認しました。

モニタリング結果

排ガスのヒ素含有量

「不検出」とは定量下限値の0.001ミリグラム/立法メートル未満をいう。

有機ヒ素(ミリグラム/立法メートル)
測定日 1号炉 2号炉

平成18年12月14日

不検出 -

平成19年1月16日

不検出 不検出

平成19年2月27日

不検出 不検出

平成19年4月12日

不検出 -

平成19年5月9日

- 不検出

平成19年8月23日

不検出 不検出

平成19年11月1日

不検出 不検出

平成20年1月21日

- 不検出

平成20年2月7日

不検出 -
粒子状総ヒ素(ミリグラム/立法メートル)
測定日 1号炉 2号炉

平成18年12月14日

不検出 -

平成19年1月16日

不検出 不検出

平成19年2月27日

不検出 不検出

平成19年4月12日

不検出 -

平成19年5月9日

- 不検出

平成19年8月23日

不検出 不検出

平成19年11月1日

不検出 不検出

平成20年1月21日

- 不検出

平成20年2月7日

不検出 -
ガス状総ヒ素(ミリグラム/立法メートル)
測定日 1号炉 2号炉

平成18年12月14日

不検出 -

平成19年1月16日

不検出 不検出

平成19年2月27日

不検出 不検出

平成19年4月12日

不検出 -

平成19年5月9日

- 不検出

平成19年8月23日

不検出 不検出

平成19年11月1日

不検出 不検出

平成20年1月21日

- 不検出

平成20年2月7日

不検出 -

排ガス中の総ヒ素の自主基準値として0.05ミリグラム/立法メートルを設定。

灰のヒ素含有量

「不検出」とは定量下限値の0.02ミリグラム/キログラム未満をいう。

主灰(焼却炉から排出された灰、燃え殻)

有機ヒ素(ミリグラム/キログラム)
測定日 1号炉 2号炉
平成18年12月14日 不検出 -
平成19年2月27日 不検出 不検出
平成19年4月12日 不検出 不検出
平成19年8月23日 不検出 不検出
平成19年11月1日 不検出 不検出
平成20年1月21日 - 不検出
平成20年2月7日 不検出 -
総ヒ素(ミリグラム/キログラム)
測定日 1号炉 2号炉
平成18年12月14日 18 -
平成19年2月27日 32 32
平成19年4月12日 20 20
平成19年8月23日 18 18
平成19年11月1日 26 26
平成20年1月21日 - 45
平成20年2月7日 9 -

飛灰(集じん機で捕捉された灰、ばいじん)

有機ヒ素(ミリグラム/キログラム)
測定日 1号炉 2号炉
平成18年12月14日 不検出 -
平成19年2月27日 不検出 不検出
平成19年4月12日 不検出 不検出
平成19年8月23日 不検出 不検出
平成19年11月1日 不検出 不検出
平成20年1月21日 - 不検出
平成20年2月7日 不検出 -
総ヒ素(ミリグラム/キログラム)
測定日 1号炉 2号炉
平成18年12月14日 37 -
平成19年2月27日 54 54
平成19年4月12日 42 42
平成19年8月23日 42 42
平成19年11月1日 54 54
平成20年1月21日 - 16
平成20年2月7日 18 -

灰からの総ヒ素溶出量

「不検出」とは定量下限値の0.01ミリグラム/リットル未満をいう。

主灰(ミリグラム/リットル)
測定日 1号炉 2号炉
平成18年12月6日 不検出 非稼動
平成19年1月4日 不検出 不検出
平成19年2月8日 不検出 不検出
平成19年3月7日 不検出 不検出
平成19年4月4日 不検出 不検出
平成19年5月1日 不検出 不検出
平成19年6月6日 不検出 不検出
平成19年7月4日 不検出 不検出
平成19年8月1日 不検出 不検出
平成19年9月5日 不検出 不検出
平成19年10月3日 不検出 不検出
平成19年11月14日 不検出 不検出
平成19年12月5日 不検出 不検出
飛灰(ミリグラム/リットル)
測定日 1号炉 2号炉
平成18年12月6日 不検出 非稼動
平成19年1月4日 不検出 不検出
平成19年2月8日 不検出 不検出
平成19年3月7日 不検出 不検出
平成19年4月4日 不検出 不検出
平成19年5月1日 不検出 不検出
平成19年6月6日 不検出 不検出
平成19年7月4日 不検出 不検出
平成19年8月1日 不検出 不検出
平成19年9月5日 不検出 不検出
平成19年10月3日 不検出 不検出
平成19年11月14日 不検出 不検出
平成19年12月5日 不検出 不検出

溶出量の基準値は管理型処分にかかる総ヒ素の溶出量である0.3ミリグラム/リットルを設定。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎1階
電話:0299-90-1146 FAX:0299-90-1031
メール:kankyo@city.kamisu.ibaraki.jp

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。