床上・床下浸水被害による感染症予防対策

ページ番号1005418 掲載日 2019年11月14日

印刷大きな文字で印刷

大雨などにより家屋が浸水した場合は、細菌やカビが繁殖しやすくなり感染症のリスクが高まります。

清掃時の注意事項

感染症予防のためには清掃と乾燥が最も重要です。

  • ドアと窓をあけて、しっかり換気
  • 汚泥は取り除き、しっかり乾燥
  • 清掃中のけが予防に手袋を着用
  • ほこりを吸わないようにマスクを着用
  • 清掃が終わったらしっかり手洗い

屋外(特に床下や庭など)では、消毒は原則不要です。

床上浸水または床下浸水の被害住宅の消毒について

市では、浸水の被害にあわれた住宅などの消毒をおこないますので、希望する方はご連絡ください。

対象家屋

床上浸水または床下浸水の被害にあった住宅

消毒方法など

浸水被害を受けた家屋のまわり(建物の基礎や外壁など)を中心に、消毒液や消石灰を散布します。消毒液はオスバンまたはクレゾールです。
厚生労働省では、床下や庭などの消毒は原則不要としています。

申し込み方法

2019年10月16日(水曜日)から、健康増進課に電話か窓口でお申し込みください。
電話:0299-90-1331
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで
(土曜日・日曜日・祝日を除きます)

その他

床上浸水または床下浸水の被害にあわれた方で、ご自身で作業されたい方は屋内でも使用可能な消毒液(オスバン)をご提供します。
申し込み状況によっては、期間を要する場合がありますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館1階
電話:0299-90-1331 FAX:0299-90-1330
メール:kenko@city.kamisu.ibaraki.jp

健康増進グループ 電話:0299-90-1331
保健予防グループ 電話:0299-90-1331

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。