総合評価落札方式入札の試行

ページ番号1002638 掲載日 2019年6月6日 更新日 2020年8月21日

印刷大きな文字で印刷

より安全で品質の高い社会資本整備を進めていくために、従来の「価格競争」から「価格と品質で総合的に優れた調達」に転換することを目指し、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」(品確法)が施行され数年がたちました。
神栖市においても、この法律に基づき、経済性に配慮しつつ価格以外の多様な要素を考慮し、価格及び品質が総合的に優れた内容の契約をおこなうため、市発注の災害復旧工事を除く建設工事の一部において総合評価落札方式による入札を平成24年度より試行的に導入しています。

2020年8月、総合評価案件を公告するにあたり文言を修正しました。

1.総合評価落札方式について

総合評価落札方式とは、価格のみで落札者を決定する従来の入札方式に対し、価格以外の要素として、入札参加者の施工実績及び地域貢献度等を総合的に評価したうえで、落札者を決定する入札方式です。
試行的に実施するのは、総合評価落札方式の中でも「特別簡易型総合評価落札方式」とします。
詳細な基準等については、次の「神栖市建設工事総合評価落札方式試行要項」に定めるほか、入札案件ごと公告時に示すこととします。

2.試行の対象となる工事

神栖市が条件付一般競争入札で発注する建設工事のうち、災害復旧工事を除き、総合評価落札方式で執行することが妥当と認めるものとします。

要項

様式

総合評価落札方式に必要な様式のデータは入札案件ごとに用意しています。

このページに関するお問い合わせ

企画部 契約管財課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎2階
電話:0299-90-1132 FAX:0299-95-9920
メール:keiyaku@city.kamisu.ibaraki.jp

契約検査グループ 電話:0299-90-1130
管財グループ 電話:0299-90-1132

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。