MR混合(麻しん・風しん):予防接種

ページ番号1001917 掲載日 2019年6月6日 更新日 2020年5月25日

印刷大きな文字で印刷

MR混合は麻しん・風しんを予防するワクチンで、定期接種です。計2回(1期、2期)接種します。
1期は1歳から1歳3か月未満、2期は小学校就学前の年に医療機関で接種しましょう。

対象者

  • 1期:1歳児
  • 2期:小学校入学前1年間の幼児

予診票

予防接種をおこなうには、接種日にお住まいの市町村で使用している予診票等が必要です。

神栖市では、1期の予診票は、2か月児家庭訪問事業(こんにちは赤ちゃん訪問事業)でお渡しします。
2期の予診票は、幼稚園・保育所などの年長時の4月に郵送します。(2020年5月更新)

予診票の再発行

赤ちゃん訪問を受けていない、転入などにより予診票を持っていない、予診票を紛失してしまったなど予診票を発行する場合は、健康増進課(保健・福祉会館内)までお越しください。

ワクチン接種について(時期と回数)

種類

生ワクチン(皮下注射)

ワクチンの接種間隔

麻しん、風しんの予防接種は、生涯2回の接種となりました。
(1回のみの接種だった方への追加接種は平成24年度をもって終了しました。)

また、接種の望ましい時期は、4月から6月となっております。
対象の年齢になり、予診票が届きましたら、早めに接種をしましょう。

1期

  • 接種期間:1歳から2歳未満
  • 回数:1回

2期

  • 接種期間:小学校就学前の1年間(幼稚園・保育所等の年長時)
  • 回数:1回

予防できる病気について

麻しん(はしか)

感染

麻しんウイルスの空気感染によって起こります。

感染力が強く予防接種を受けないと多くの人がかかる病気です。

症状など

発熱、せき、鼻汁、めやに、発疹が主症状。

最初3日間から4日間は38度前後の熱で、一時的に治まるころに39度から40度の高熱と発疹が出ます。
主な合併症は、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎があります。麻しんにかかった人は数千人に1人の割合で死亡します。

風しん(三日ばしか)

感染

風しんウイルスの飛沫感染によって起こります。

潜伏期間は、2週間から3週間です。

症状など
発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などが主症状。軽いかぜ症状で始まり、発疹、発熱が約3日間程度で治ります。主な合併症は、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などがあります。
妊娠早期にかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる病気により、心臓病、白内障、聴力障害などの障害を持った児が生まれる可能性が高くなります。

予防接種の予約・協力医療機関

予防接種を受けるときに、予約が必要である場合や、接種実施日などの指定がある場合など、各医療機関によって異なります。
受ける前に予防接種協力医療機関にお問い合わせください。
連絡先は次のリンク先を確認するか、健康増進課(電話:0299-90-1331)までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館1階
電話:0299-90-1331 FAX:0299-90-1330
メール:kenko@city.kamisu.ibaraki.jp

健康増進グループ 電話:0299-90-1331
保健予防グループ 電話:0299-90-1331

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。