通知カード

ページ番号1000866 掲載日 2019年6月6日 更新日 2019年11月15日

印刷大きな文字で印刷

通知カードは、マイナンバーの提示を求められた際に、ご自身のマイナンバーを証明する書類として利用します。
通知カードは本人確認の際の身分証明書として利用できません。

マイナンバーの提示先

マイナンバーは、法律や条例で決められた社会保障、税、災害対策の分野で利用することから、市役所や国の行政機関、勤務先に提示します。

通知カード記載事項の変更

転入等で通知カードに記載の住所・氏名等に変更が生じた際には、記載事項の変更処理が必要となりますので、市役所への手続きの際に通知カードを持参してください。

マイナンバーに関する問い合わせ先

「通知カードやマイナンバーカードについて問い合わせしたい」「カードを紛失してしまったので急いで一時的に利用停止したい」などの通知カード、マイナンバーカードに関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせは、マイナンバー総合フリーダイヤル:0120-95-0178(無料)へおかけください。
受付時間や外国語対応ダイヤルなどはリンク先をご確認ください。

住民票が登録されてからマイナンバーを記載した「通知カード」が届きます

通知カードは住民票が登録されてから順次、簡易書留にてお届けいたします。
なお新生児や、海外から転入してきた方の通知カードにつきましては、住民票が登録されてから、3週間程度で簡易書留にてお届けいたします。
住民票の登録済みでまだ届いていない方は、お住まいの市区町村へご相談いただくようお願いします。
通知カードは簡易書留で届きますが、ご不在の場合は郵送物等ご不在連絡票が入りますので郵便局での保管期限内に、ご不在連絡票に基づき再配達等のお手続をお願いします。 

マイナンバー通知カード封筒

マイナンバー通知カードの封筒が届きます。

画像:マイナンバー通知カード封筒

封筒の裏面に、点字で「まいなんばーつうち」と音声コードによる案内の記載があります。

  • 住民票の住所がある世帯ごとに封筒が簡易書留で届きます。
  • 転送不要扱いで送られますので、 現住所と異なる場合は、住民票の異動をお願いします。
    DV等被害者の方、長期入院・入所や長期出張が見込まれるなど、やむを得ない理由で受け取れない場合は、住民票と異なる居所に郵送できます。詳細は次のリンク先をご確認ください。

マイナンバー通知カード封筒封入物

簡易書留で封筒が届きましたら、次の資料をご確認ください。

図:封入されているもの

  • 宛名台紙 (お問い合わせ先記載あり)
  • 通知カード+個人番号カード交付申請書兼電子証明発行申請書+音声コード台紙
    世帯人数分(封筒1通につき最大8人分)
  • 説明用パンフレット (8ページ3つ折り)
  • 個人番号カード申請書の返信封筒

通知カードの保管

図:通知カード(案)

通知カードを切り離し、捨てたり失くしたりしないよう、大切に保管してください。
また、記載されているマイナンバーをみだりに他人に知らせないようにしてください。
詳しくは次のリンク先をご確認ください。

マイナンバー制度をかたる詐欺にご注意ください!

「マイナンバー制度」に便乗して、個人情報を聞き出そうとする相手には要注意!

マイナンバー制度をかたり、電話や郵便、訪問等で個人情報を聞き出そうとする相手には十分に気をつけてください。
また、マイナンバーは法律で定められた事務以外の目的で取得・提供することは禁止されています。マイナンバーを提供する相手も、市町村など行政機関のほか、勤務先や一部の金融商品を購入した金融機関など法律で限定されています。

マイナンバーを提供する際は、しっかりと提供できる相手か、自身のマイナンバーを利用する目的は何なのかを確認してください。

詳しくは次のリンク先をご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 市民課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎1階
電話:0299-90-1140 FAX:0299-92-0574
メール:shimin@city.kamisu.ibaraki.jp

管理グループ 電話:0299-90-1140
総合窓口グループ 電話:0299-90-1181

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。