2020年5月(市長のフォトレポート)

ページ番号1006439 掲載日 2020年5月12日 更新日 2020年5月25日

印刷大きな文字で印刷

神栖市への寄付をご紹介します

これまでに皆さまからいただいた神栖市への寄付をご紹介します。(5月25日掲載)

2020年5月1日(金曜日)

株式会社鹿島三友鋼機

  • マスクバンド 120個
2020年5月11日(月曜日)

株式会社鹿島三友鋼機

  • マスクバンド 300個
2020年5月12日(火曜日)

有限会社池田興業

  • 不織布マスク 5,000枚
2020年5月13日(水曜日)

互福衣料株式会社

  • マスク 9,000枚
2020年5月13日(水曜日)

エーザイ株式会社

  • マスク 300枚
2020年5月14日(木曜日)

有限会社大陽環境センター

  • 不織布マスク 5,000枚
2020年5月19日(火曜日)

アイホーム土地開発株式会社

  • 不織布マスク 2,000枚
2020年5月19日(火曜日)

鹿島ボウル

  • マスク 100枚

このほか、ご希望により非公表としておりますが、たくさんの物品を寄付していただいております。

市の感染症予防に多大なる貢献をされました皆様のご厚意に対しまして、深く感謝の意を表します。

鹿島臨海ロータリークラブから、神栖市へ「マスク2,000枚」が寄付されました

2020年5月21日(木曜日)、鹿島臨海ロータリークラブから神栖市に対し、「マスク2,000枚」が寄付されました。

鹿島臨海ロータリークラブの皆様からは、「医療機関や福祉施設などで役立ててもらいたい。また、避難所施設の備蓄品としても使っていただきたい。」とのお言葉をいただきました。

石田市長は、「医療現場などではマスクなどの資器材が不足しているため、寄付をいただけるのは大変ありがたい。」と話しました。(5月22日掲載)

写真:寄附されたマスクを手に持ち、鹿島臨海ロータリークラブの4名と記念撮影
左から岩井昭一さん、柳川隆則さん、石田市長、木内一枝さん、柳堀利勝さん

幸武グループ3社から、神栖市へ現金寄付をいただきました

2020年5月18日(月曜日)、幸武グループ3社(幸武不動産株式会社・幸武建設株式会社・幸武都市開発株式会社アトンパレスホテル)から神栖市に対し、市内小学校・中学校の図書購入と新型コロナウイルス感染症対策に充ててほしいと「図書購入費として3,000,000円(各社1,000,000円)」、「新型コロナウイルス感染症対策費として3,000,000円(各社1,000,000円)」の現金寄付の申し出がありました。

市の教育振興および感染症予防に多大なる貢献をされました皆様のご厚意に対しまして、深く感謝の意を表します。(5月22日掲載)

写真:幸武グループの3名と記念撮影
左から幸武都市開発株式会社アトンパレスホテルの野口貴久子代表取締役、幸武建設株式会社の野口雅利代表取締役、石田市長、幸武グループ会長兼幸武不動産株式会社の野口幸治代表取締役

神栖ライオンズクラブ、木内製菓株式会社、三洋通商株式会社、株式会社鹿島冷熱から、神栖市へ「マスク」と「エタノール消毒液」が寄付されました

2020年5月18日(月曜日)、神栖ライオンズクラブ、木内製菓株式会社、三洋通商株式会社、株式会社鹿島冷熱から神栖市に対し、「新型コロナウィルス感染症対策に活用してほしい」との思いから「マスク」と「エタノール消毒液」が寄付されました。

市の感染症予防に多大なる貢献をされました皆様のご厚意に対しまして、深く感謝の意を表します。(5月22日掲載)

神栖ライオンズクラブ
マスク 10,000枚
木内製菓株式会社
  • マスク 10,000枚
  • エタノール消毒液 15キログラム×31缶(465キログラム)
三洋通商株式会社
マスク 2,000枚

株式会社鹿島冷熱

マスク 10,000枚
写真:神栖ライオンズクラブの2名と記念撮影
神栖ライオンズクラブの藤代俊保会長(右)と人見和也幹事(左)、石田市長
写真:寄付されたマスクを持ち、木内製菓株式会社の1名と記念撮影
木内製菓株式会社の木内政和代表取締役と石田市長
写真:寄付されたマスクを持ち、三洋通商株式会社の1名と記念撮影
三洋通商株式会社の張亜良代表取締役社長と石田市長
写真:寄付されたマスクを持ち、株式会社鹿島冷熱の1名と記念撮影
株式会社鹿島冷熱の清水義昭代表取締役と石田市長

神栖市への寄付をご紹介します

これまでに皆さまからいただいた神栖市への寄付をご紹介します。(5月12日現在)

2020年3月30日(月曜日)

高坂防災株式会社 鹿島営業所

  • 消毒液:40リットル
2020年4月10日(金曜日)

エーザイ株式会社

  • イータック抗菌化スプレーα:3本
  • チョコラBBライト2:300本
  • ザーネクリーム:300本
  • マスク:100枚
2020年4月22日(水曜日)

高坂防災株式会社 鹿島営業所

  • #9211マスク(N95):37枚
  • #9210マスク(N95):100枚
2020年4月28日(火曜日)

神輿の会「東國睦」

  • 不織布マスク:20,000枚
2020年4月30日(木曜日)

日鉄大径鋼管株式会社

  • 防塵マスク:900枚
2020年5月7日(木曜日)

小林 佐知子 様

  • N95マスク:82枚
  • ゴム手袋:80枚

(5月15日更新)

このほか、ご希望により非公表としておりますが、たくさんの物品を寄付していただいております。

市の感染症予防に多大なる貢献をされました皆様のご厚意に対しまして、深く感謝の意を表します。

便利屋神栖店から神栖市へ「マスク8,000枚」の寄付をいただきました

2020年5月8日(金曜日)、便利屋神栖店から神栖市に対し、「マスク8,000枚」が寄付されました。

便利屋神栖店の松本店長からは、「神栖市に移り住んで31年、少しでも恩返し出来ればと思い寄付させていただいた。医療機関や福祉関係に使っていただきたい。」とのお言葉をいただきました。

石田市長は、「マスクの寄付をいただけるのは大変ありがたい。感染症拡大防止に役立てていきたい。」と話しました。

5月13日掲載しました。

写真:寄付されたマスクを持ち、記念撮影
便利屋神栖店店長の松本文男さんと石田市長

株式会社さくたから神栖市へ「マスク10,000枚」の寄付をいただきました

2020年5月8日(金曜日)、株式会社さくたから神栖市に対し、「マスク10,000枚」が寄付されました。

株式会社さくたの作田代表取締役からは、「マスクが無くて困っている方がいれば、どこでも使ってください。」とのお言葉をいただきました。

石田市長は、「マスクの寄付をいただけるのは大変ありがたい。感染症拡大防止に役立てていきたい。」と話しました。

5月13日掲載しました。

写真:寄付されたマスクを持ち、株式会社さくたの2名と記念撮影
株式会社さくた常務取締役の作田京子さん、代表取締役の作田正彦さん、石田市長

有限会社ASMから神栖市へ「マスク4,000枚と消毒液17.2リットル」の寄付をいただきました

2020年5月1日(金曜日)、有限会社ASMから神栖市に対し、「マスク4,000枚と消毒液17.2リットル」が寄付されました。

有限会社ASMからは、「マスクが不足しているところに活用していただきたい。また、市職員の皆様にも使っていただきたい。」とのお言葉をいただきました。

石田市長は、「医療機関ではマスクや消毒液が不足しており、このように寄付をいただけるのは大変ありがたい。」と話しました。

写真:寄付された消毒液とマスクを手に持ち記念撮影
有限会社ASMと石田市長

このページに関するお問い合わせ

総務部 秘書課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎3階
電話:0299-90-1121 FAX:0299-90-1112
メール:hisho@city.kamisu.ibaraki.jp

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。