2020年4月(市長のフォトレポート)

ページ番号1006331 掲載日 2020年4月17日 更新日 2020年4月24日

印刷大きな文字で印刷

村上工業株式会社から新型コロナウイルス感染症への対策費として200万円の寄付をいただきました

2020年4月24日(金曜日)、村上工業株式会社から神栖市に対し、新型コロナウイルス感染症への対策費として200万円の寄付がありました。

村上工業株式会社の村上代表取締役からは、「新型コロナウイルス感染症への対策に使っていただきたい。」とのお言葉をいただきました。

石田市長は、「いただいた寄付金は、新型コロナウイルス感染症対策の財源として大切に使わせていただきます。」と話しました。

(4月24日追記)

写真:代表取締役の村上一夫さんと石田市長
代表取締役の村上一夫さんと石田市長
撮影のためマスクを外しております。

株式会社ヒロ・ワークスから「マスク1万枚」の寄付をいただきました

2020年4月16日(木曜日)、株式会社ヒロ・ワークスから神栖市に対し、「マスク1万枚」が寄付されました。

株式会社ヒロ・ワークスの設楽代表取締役からは、「この度寄付させていただいたマスクを困っている人に使っていただきたい。」とのお言葉をいただきました。

石田市長は、「全国的にマスクが手に入りにくい状況の中、マスクの寄付をいただけるのは大変ありがたい。感染拡大防止に役立てていきたい。」と話しました。

写真:ヒロ・ワークスの2人と市長
専務取締役の設楽直人さん、石田市長、代表取締役の設楽智さん
撮影のためマスクを外しております。(4月20日追記)

かしま青年会議所から「消毒液(次亜塩素酸水)」の寄付をいただきました

2020年4月14日(火曜日)、かしま青年会議所から神栖市に対し、「消毒液(次亜塩素酸水)50リットル」が寄付されました。

かしま青年会議所の小田理事長からは、「この度、消毒液を寄付させていただいたが、マスクも手に入り次第寄付したいと考えております。また、新型コロナウイルス対策において職員が不足するようであれば、人的支援も可能です。今後も市と協力して感染拡大防止に努めていきたい。」とのお言葉をいただきました。

石田市長は、「近隣市での感染者発生を機に、市内でも感染者が確認されました。市場にアルコール消毒液が出回らず神栖市民も大変困っている中、このような消毒液の寄付をいただけるのは大変ありがたい。市としましても11日から市内9か所で消毒液の配布を始めたところです。今後もできる限り迅速かつ的確に感染拡大防止に取り組んでまいります。」と話しました。

写真:青年会議所の方6名と市長
かしま青年会議所の皆さんと石田市長
撮影のためマスクを外しております。(4月20日追記)

このページに関するお問い合わせ

総務部 秘書課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎3階
電話:0299-90-1121 FAX:0299-90-1112
メール:hisho@city.kamisu.ibaraki.jp

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。