2020年10月(市長のフォトレポート)

ページ番号1006826 掲載日 2020年10月22日 更新日 2020年11月12日

印刷大きな文字で印刷

2020年11月、フォトレポートを2件追加しました。

日本郵便株式会社と「包括連携協定」を締結しました

2020年10月28日(水曜日)、神栖市と日本郵便株式会社において「神栖市と日本郵便株式会社との包括連携協定」を締結しました。この協定は、地域の発展と市民サービスの向上を目的として、「安心・安全な暮らし」「地域経済の活性化」「人材育成」などの幅広い分野における協力体制を強化するものです。

写真:市長と神栖郵便局の記念撮影
写真左から日本郵便株式会社 神栖郵便局 新井和也局長、石田市長

株式会社K・I、武井工業株式会社、保住建設工業株式会社から、神栖市へ消毒液が寄付されました

2020年10月22日(木曜日)、株式会社K・I、武井工業株式会社、保住建設工業株式会社から神栖市に対し、新型コロナウイルス感染症対策として19リットルの消毒液88箱が寄付されました。

市の感染症予防に多大なる貢献をされました皆様のご厚意に対しまして、深く感謝の意を表します。

写真:市長と武井工業株式会社、保住建設工業株式会社、株式会社K・Iの記念撮影
写真左から武井工業株式会社 武井雄介 代表取締役、保住建設工業株式会社 保住優樹 代表取締役社長、石田市長、株式会社K・I 池田修 代表取締役

中央化学株式会社鹿島工場から、神栖市へ使い捨てどんぶりが寄付されました

2020年10月7日(水曜日)、中央化学株式会社鹿島工場から神栖市に対し、使い捨て発泡スチロール製使い捨てどんぶりが寄付されました。

いただいた物品は、市内小中学校で活用させていただきます。

写真:市長と中央化学株式会社の記念撮影
写真左から石田市長、中央化学株式会社鹿島工場の酒井工場長

A-StarOne International株式会社から、神栖市へマスクが寄付されました

2020年10月2日(金曜日)、A-StarOne International株式会社から神栖市に対し、新型コロナウイルス感染症対策として不織布マスク3,000枚が寄付されました。

坂本代表取締役からは、「育った街の助けになればと思い、今回マスクを寄付させていただいた。」とのお言葉をいただきました。

石田市長は、「ふるさとの為にとのことで寄付をいただけるのは大変ありがたい。新型コロナウイルス感染症対策のため有効に活用させていただきます。」と話しました。

市の感染症予防に多大なる貢献をされました皆様のご厚意に対しまして、深く感謝の意を表します。

写真:市長と代表取締役の記念撮影
写真左から石田市長、A-StarOne International株式会社の坂本代表取締役

神栖高等学校生徒会から、神栖市へマスクが寄付されました

2020年9月29日(火曜日)、神栖高等学校生徒会から神栖市に対し、新型コロナウイルス感染症対策として布マスク282枚と不織布マスク157枚が寄付されました。

寄付をいただいたマスクについては、医療機関や高齢者施設、介護施設などへ配布するなど、有効に活用させていただきます。

市の感染症予防に多大なる貢献をされました神栖高等学校の皆様のご厚意に対しまして、深く感謝の意を表します。

写真:市長と神栖高等学校の記念撮影
写真左から石田市長、生徒会長の大津穂香さん、生徒会監査の石神明優さんと太田羽菜さん

神栖市総合建設業協会から、神栖市へ土のうが寄付されました

2020年9月17日(木曜日)、神栖市総合建設業協会から神栖市に対し、新型コロナウイルス感染症対策により市の財政状況も厳しくなると予測されることから、災害時に迅速な対応が図れるよう、市に対して土のう5,000個の寄付の申し出がありました。

市の災害対策に多大なる貢献をされました皆様のご厚意に対しまして、深く感謝の意を表します。

写真:市長と神栖市総合建設業協会の記念撮影
写真左から神栖市総合建設業協会 重田弘明副会長、鏑木保雄会長、石田市長、細田誠一副会長

このページに関するお問い合わせ

総務部 秘書課
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5 本庁舎3階
電話:0299-90-1121 FAX:0299-90-1112
メール:hisho@city.kamisu.ibaraki.jp

市へのご意見・ご要望について

回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、このページの「お問い合わせ」に記載されている担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、次のリンク先をご確認いただき、ご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。